2019年12月08日

虫喰いアート

11虫喰い04709.jpg


11虫喰い4711.jpg


11虫喰い4712.jpg


11虫喰い4710.jpg


森の中に立っていた虫喰いアートの木。

木にとったら致命傷。

表皮がなくなり、中身だけに。

しかし、その虫喰いの跡は、

プリミティブな古代アートのよう。

原始的な生命の形。

虫が描く、アートであり、文字のようです。


posted by パイン at 19:11| 鹿児島 | Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月07日

ムカゴご飯

1207ムカゴ_0750.jpg


大好物のムカゴ!

でも、なかなか取りに行けなくて、

今年は食べられないかなぁ。と思っていたら、

友人が持ってきてくれました!!!


「屋久島の人、あんまりムカゴ食べないみたいで、みんないらないって言ったの〜」

と、私の所に回ってきました。

私、大喜び!!

1207ムカゴご飯_0751.jpg


ムカゴご飯にしましたl

レシピは、白ごはん.comのシンプルなもの。

5月に炊飯器が壊れてから、土鍋でご飯を炊いています。

炊飯器と同じ分量え大丈夫。

とっても簡単で美味しいです!


あぁ、ありがとう!自然の恵み。

お友達にも大感謝。

ごちそうさまでした。



posted by パイン at 12:54| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月06日

ツワブキの園芸品種

1203ツワブキ斑入り4945.jpg


ツワブキには多くの変種・園芸種が存在するそう。

よく見る、野生のツワブキとは違う種類のもの、三種類。

お庭に植えていらっしゃいました。

上の写真は、ツワブキ・大獅子。

葉っぱが縮れています。

1203ツワブキ斑入り4944.jpg


ツワブ・天星と紅葉々蛍

葉っぱに、光が灯ったかのような模様。

知らない時は、最初、病気なのかと思っちゃいました(笑)

金冠と呼ばれる、葉っぱに金色の縁取りがあるかのような品種もあるそう。

改良しやすいのかしら?


ツワブキ、冬の間、花を楽しみ、

新春には、新芽を美味しくいただきます。




posted by パイン at 14:01| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月05日

風のように走るカニ

1128カニ5160.jpg


浜辺を歩いていると、風のように歩くカニとよく遭遇します。

コメツキガニかな?スナガニかな?

1128カニ5160B.jpg


ここにいます。

スナガニだとしたら、、、とっても目がよくて、10メートル先に人がいても逃げるそう。

なぜか、先日は、じっくり姿を見せてくれたので、

まじまじ観察。じっとこちらを見ています。

リラックスしている時は、赤い色だそうですが、

未だ、見たことありません😀

1128カニ5171.jpg


1128カニ5173.jpg


1128カニ5168.jpg


参照:自然のチカラ〜昆虫や野生動物、植物の不思議 スナガニ

【スナガニ(砂蟹)】
学名 Ocypode stimpsoni
十脚目(エビ目)スナガニ科
水のきれいな砂浜に生息

【コメツキガニ(米搗蟹)】
学名 Scopimera globosa
エビ目(十脚目)・スナガニ科
スナガニと違い汚染の進んだ海岸にも生息


posted by パイン at 06:50| 鹿児島 ☀| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月04日

第一回 やくしまオーガニックマーケット 12・7開催 

1203やくしまオーガニックマーケット.jpg


今週の土曜日に、屋久島での新しいイベントが開催されます。

第一回 やくしまオーガニックマーケット

オーガニックって、食べ物だけじゃなく、

暮らし方、全般に言えることかなぁ。特別なことではなく、

自然に自然と共鳴する暮らし方だと思います。

無理のない範囲で、少しずつ。

こんな方法もあるのか?!と発見もあります。



やくしまオーガニックマーケット FB 出店紹介ページ


現在紹介されているお店とミュージシャンの方々。

すごい!知らないお店もたくさん。こんなにいろんなお店があるんですね。

1: たねのわ 野菜の販売と、シェアシード(種の交換)
2: torinoco 島の季節の植物を使って染めたハンカチ
3: キッチンそらうみ ジェラート
4: (株)やわら香 屋久島アロマブランド
5:屋久島土染め工房 ほあいと アップサイクル 染め直しワークショップ
6: cosmic kitchen ランチ&スウィート
7: 月水命 月桃のハーブウォーター
8: 自然療法サロンゆるり アクセスバーズのご体験
9: やくしまロースター コーヒー豆の販売
10: 三畳食品 お米でぽん菓子
11: 屋久島デフファーム オーガニック・グルテンフリー・ビーガン・ローフードをテーマに、美味しい物
12: 屋久島白川茶園 有機栽培、屋久島産材料にこだわったお茶
13: 千尋のしずく 無農薬、無肥料のさとうきびで作った飲み物と、農薬、化学肥料不使用のたんかんジュース
14: モストレル 屋久杉や夜光貝を丁寧に手で磨き、マクラメの技法で装飾したオリジナルアクセサリーを制作
15: 島結 屋久島安房産のトビウオ、一湊のサバ節など屋久島の海の幸を組み合わせた無添加のだし
16: SOLMU PUUT 倒木されたり、チップ材として燃料にされてしまう屋久島産の広葉樹を、うつわなどの木工品に。
17: HONU 13年間、屋久島の素材を、無着色、無塗装にて、誰の師事にもつかず、総てオリジナルの技法にて製作。
18: キヨコンネガイ 屋久島北部名産のさば節を使用した、おいしいもの。
19: 屋久島 百姓屋 自給の延長の百姓 自家養鶏の鶏糞のみ使用
20: 久保養蜂園 屋久島ファーム 屋久島の季節の花々の蜜が、今年初めて採れました。非加熱の栄養たっぷりの蜂蜜
21: 埴生窯 穴窯で焼いた焼きしめの器
22: 完熟発酵黒にんにく「フルーツガーリック」 (京都)】EKAM 販売京都・丹後で自ら無農薬・無化学肥料で栽培。高エネルギー空間で「完熟発酵」させた黒にんにく。
24: 竹工房 竹卓 大分県別府市で竹細工を学び、今年5月に屋久島へと移住。主に屋久島に自生している竹での製品づくり。
25: BOW WOW Kitchen  シイラと体に優しい素材を使ったイギリスの国民食フィッシュアンドチップス屋久島版
26: イロリンネ工房 囲炉裏生活のイロリンネファミリー。囲炉裏を中心とした暮らしの中で生まれる物。
27: いろは薬草園 ワークショップ生葉で作るハーブボール。屋久島の植物、身近なものを使って家庭でできるお手当て方法。
ハーブボールの使い方など伝授
28: 就労継続支援事業所 屋久の郷 
「みつける(それぞれの創造性を発見する)」「つくる(表現する)」
「みせる(表現したものを評価購入してもらう)」「つながる(利用者と地域のつながりをつくる)」を目的とした活動
29: リサイクル♻3Ks 不要なパソコンの無料回収 不要な物を必要な方へ届けることで屋久島のゴミは減らせるなどなどがモットー
30: Kutenda クテンダ ムビラヒーリング ムビラ奏者濱田 森が、ムビラを身体に直接載せて奏でます。
31: いろは薬草園 無農薬、無肥料栽培のハーブ、薬草、お野菜をつくっています。今回、ハーブティーをメインにハーブの量り売り。
32: Smiley  美味しくって元気になるお菓子
33: アペルイ 平野集落の不耕作地に果樹の森を創造。オーガニックの野菜と香辛料を仕入れて、カレーを出店。お米は、アペルイ自家製の屋久島産
34: 八万寿茶園 有機・無農薬栽培でお茶。お茶と、原の日高農園の無農薬野菜を販売。
35: 椿商店 オーガニックfrom九州をテーマに、九州で作られた身体に優しい調味料などを販売。
今回は、自然農、天日干しの玄米を量り売り。
36: 生活芸術 『人々の織りなす日常の生活こそがArtである』生活芸術
◉中庭フリーヨガ11:00-12:00『中庭の芝生で無料ヨガ体験!』
◻︎クラフト雑貨販売
屋久島の自然から生まれたクリスマスリース、流木リース、在来種のクワズイモを飾った手作り鉢植え、ポストカード、塗り絵
37:屋久島honey&herbs ミツバチ養蜂と尾之間にあるジェリーズキャンプ場。

・ 

あべ 心也 屋久島の民唄 笛とゴッタンで再奏
宮田 美岳(Miyata Yoshitake)竪琴ライアーでの演奏
濱田 森(Takashi Hamada) ムビラ 奏者  アフリカ、ジンバブエのショナ族の伝統楽器
mika∞ 鹿児島生まれ屋久島在住のシンガーソングライター
北山裕子
 12月25日に上演される人形劇ひとみ座の原作となっている「はれときどきぶた」のお話会を11時より開催


オフィシャルページ http://organic.yakulabo.net/

とてもわかりやすいコンセプト 
posted by パイン at 09:00| 鹿児島 ☀| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする