2018年04月22日

屋久島新庁舎・朝日新聞鹿児島版の記事

0421屋久島新庁舎 記事.jpg

屋久島町新庁舎問題で住民運動再燃

先日、こちらのブログでも書いた、屋久島新庁舎の記事が出ていました。

とても気になる記述がありました。

町民窓口棟で3月、柱がゆがむなどの不備が見つかり、工事が一時中断していたとのこと。

 町によると、同棟の屋根に瓦を敷いた後、建具のサッシが入らない不具合が発生。

瓦を下ろして調べたところ、約20本の柱がゆがんでいることが判明した

設計や構造計算に問題は見つからず、一部の骨組みを緩めて柱のゆがみを直し、瓦を敷き直したという。

 原因を精査するには骨組みをいったんすべて分解する必要があるが、

建設のスケジュールが遅れているため、柱を修正して工事を再開
したという。

完成時期は計画から約2週間延び、6月12日を予定している。


読んでて、思わず「えぇ!!」と言ってしまいました。

大丈夫なのでしょうか??? 

完成後、潰れませんように、、、。





posted by パイン at 09:00| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

安房アペルイにて、青空市と、うさとの服展示会

0421アペルイ02.jpg

0421アペルイ05.jpg

0421アペルイ.jpg

アペルイの敷地内にてアースデイにちなんだ青空市が開催されました。

アースデイは、地球のために行動する日。

未来のこどもたちへ繋ぐ、衣食住をテーマに開催。

0421アペルイ03.jpg

0421アペルイ04.jpg


唄やダンス、お野菜、在来種の種、フリマ、

手づくり小物、フード、ドリンク、かき氷など。

アペルイの空間、とっても気持ちいいし、お店も楽しかったです。

着物や浴衣をリメイクして服を作られている【こころも】さんの洋服にグッときました。


0421サーヤ.jpg

0421サーヤ02.jpg

『やくにゃん SAAYA』も素敵!

パラグアイの刺繍・ニャンドゥティを

屋久島の天然素材で糸を染めてアレンジした

「やくにゃん」オーダーメイドで一つひとつ創ってくださいます。

0421アペルイうさと.jpg

気持ち良くて、素敵なうさとの服の展示会は 4/20お昼より 4days*開催中。11時〜16時。

うさとの服は、草木染めとはいえ、カラフルで色柄、デザインも豊富。
こどもさん用も何点かあります。

タイやラオスの農村を拠点に創られています。
藍染めや、絣の織りはラオスの布。
それ以外の布は、タイで染められ、縫製まで行います。

うさとの服は、ノルマがありません。

日本から、こんな色やこんな柄で布を織って、と注文することもありません。
いつまでに作ってね、とも言いません。

それは、創り手の意欲や創造力を奪わないためだそうです。

素敵ですね。

【アペルイ】
〒891-4311 屋久島町安房2480−28







posted by パイン at 19:55| 鹿児島 ☀| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

ビワが出回る季節になりました。

0420ビワ.jpg


屋久島産のビワが尾之間のA-coopで売っていたので、

嬉しくて購入。

初物です。

もうそんな季節なんですね。

植物や、スーパーに並ぶ果物、野菜などで季節を感じます。

ビワは無人市でも1パック300円ほどで売られています。

ビワは奈良時代から存在していたようです。(そのころのものは小ぶり)

それにしても、果物ってそれだけで、とても美味しいですよね。

甘さや酸味、ジューシーさ。いろんな要素が絡み合って美味しい調和を作り出していて、

すごいと思います。

人間が同じ味を出そうと思っても、難しそう。

ありがたい自然のめぐみを毎年いただけて幸せです!

posted by パイン at 20:50| 鹿児島 | Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月19日

夕方の海とツバメ

0419ツバメと海辺.jpg

夕方、海へ散歩。

ちょっと歩いて振り向いてみたら、

潮溜まりに屋久島が写り込んでいてとても綺麗!

ツバメがたくさん飛び交っていました。

写真に映っている黒い点はツバメです。

海面スレスレを飛んでいました。

とても早くて写真には狙って撮れませんので、動画を撮りました。

ツバメの飛ぶスピードは、

時速約200km→餌を捕まえたりするときや天敵を振り切るとき

時速約47km→普段

時速約55〜60km→渡りのとき

生きものワンダーランドより)

また、渡りをするときは、群ではなくて単独で渡ってくるそうです。


0419月.jpg


細い月も綺麗でした。

海辺のツバメ



posted by パイン at 19:45| 鹿児島 ☀| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月18日

凛々しい顔のツバメチドリ

0418ツバメチドリ02.jpg

0418ツバメチドリ03.jpg

0418ツバメチドリ06.jpg

0418ツバメチドリ.jpg

0418ツバメチドリ05.jpg

0418ツバメチドリ04.jpg

畑にツバメチドリが数羽。

空中で蝶やバッタを捕らえるそうですが、

私が見たときは、じっとのんびり休んでいました。

オシャレさんで、かっこいい鳥です。

この模様は、夏羽で赤い色が印象的ですが、

冬羽ではこの赤い模様がなくなるそうです。

換羽は(かんう)は一般に翼,尾,体羽の順で起り,

体の両側で同じ種類の羽毛が少しずつ抜け替っていく。(コトバンクより)



なぜ、模様まで変わるんでしょうね。

冬と夏で模様が違う鳥って結構いますが、

不思議です。



posted by パイン at 17:43| 鹿児島 ☀| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする