2017年04月30日

彼岸花の葉っぱ

0430彼岸花の葉っぱ.jpg


彼岸花の葉っぱ。見たことありますか?

花が終ってしばらくすると葉が出て来ることを知り、

今年は見るぞ!と決めていました。

もう、枯れかかっています。これから夏眠に入ります。

夏眠に入る性質が,干ばつや冷害の影響を受けることなく、

毎年花を咲かせるとのこと。ですので、球荒植物です。(飢饉や災害、戦争に備えて備蓄、利用される代用食物のこと。)

多量のデンプンを含む彼岸花の根には毒がありますが、さらして毒抜きして、

飢饉の時など食べていたそうです。

「花は葉を思い、葉は花を思う」という事から

韓国では「サンチョ(相思華)」と呼ぶそうです。


posted by パイン at 17:38| 鹿児島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

幻のラン・タブガワヤツシロラン?

0429タブガワヤツシロラン.jpg


0429タブガワヤツシロラン02.jpg


0429タブガワヤツシロラン03.jpg


2015年に発見された、幻のラン。タブガワヤツシロランらしきもの。

友人たちと森散策。去年屋久島で発見された新種、

タブガワムヨウランを探しに行ったのだけど、

まだツボミのようで花は見つからず。

0429ムヨウラン蕾.jpg

↑ムヨウランのツボミ?

その代わり、一昨年発見された幻のラン、タブガワヤツシロランらしきものを発見。

見た事ない珍しい花でした。タブガワヤツシロランかしら?

光合成ができず菌類に寄生するため、菌類が豊富な原生林でなければ生育することができないと考えられます。

屋久島の低地の原生林の豊かさを表しているとのこと。



2015年に屋久島在住のカメラマン山下大明氏が発見し、

2010年に台湾で初めて発見された光合成をしない幻のランと確認。

台湾以外で発見されたのは、屋久島が初。

和名タブガワヤツシロラン、全体高2~5センチ、

花は茶色で直径1センチ。花は春の3,4日間だけ咲く。

【幻のラン「タブガワヤツシロラン」の発見 −屋久島原生林の豊かさを象徴−
2015年11月19日】
京都大学の記事。http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2015/151119_1.html


posted by パイン at 19:17| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

久々に見た満点の星空

0428星空02.jpg


0428星空.jpg


なんだか久しぶりに見た満点の星空。

北斗七星の間を人工衛星が飛んで行きました。

屋久島の星空は本当に綺麗!

自宅の庭でこの星空が見られるなんて、最高です。

屋久島に移住した当初、夜の暗さにびっくりしたのですが、

それが好きです。

夜はちゃんと暗い。

時々、都会に行くと、夜の空の明るさに驚きます。

もちろん、都会は都会の良さがあって、たまに行きたくなるのですが、

屋久島のこの夜の暗さ。星の輝き。怖いくらいですが、美しいです。

屋久島に住まわせてもらって、ありがたいです。



posted by パイン at 23:38| 鹿児島 | Comment(0) | TrackBack(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

∀KIKO EXHIBITION:4月27日(木)〜5月5日(金)

0427∀KIKO08.jpg


0427∀KIKO01.jpg


0427∀KIKO01b.jpg


今日から∀kiko 個展がオープンです。テーマはREAL

∀kiko の屋久島での個展は今回で六回目になります。

生まれたての絵たち35枚。

明日、28日は19:00からオープニングパーティ。∀kiko の詩の朗読、絵のスライドショーなど。

∀kiko の作品はもちろん、本人と話すだけでも、気持ちいいです。

絵に描かれている、Nociw(ノチュー)という狼犬。天寿を全うしたNociw。

現在は、その子供Donと一緒に車で移動している1ヶ月の個展ツアーです。

0427∀KIKO03.jpg


0427∀KIKO02.jpg


カレンダーや手ぬぐいの物販コーナーもあり、

原画も販売しています。生まれたてというだけあって、

ツルンツルンのピカピカ。

0427∀KIKO04.jpg


0427∀KIKO05.jpg


屋久島のあとは、福岡と奈良に向かいます。

ぜひ、平和な空気流れる空間と、絵と∀KIKOを感じにお立ち寄りください。

0427∀KIKO07.jpg


●∀KIKO EXHIBITION:4月27日(木)〜5月5日(金)入場料無料
10時〜17時まで
●4月28日(金)OPENING PARTY
19時〜19時半ー∀KIKO ARTGYPSY ARTSHOW : ∀kiko の詩の朗読、絵のスライドショー
19時半〜20時半ーDJ NOBUYA
参加費:1500円 (要予約)
お問い合わせご予約:森の旅人 なおちゃん
morino-tabibito@kpb.biglobe.ne.jp
0997-42-3495
場所:Gallery TABIRA
鹿児島県熊毛郡屋久島町小瀬田815-31
0997-43-5956
屋久島空港イルマーレの隣です。

【プロフィール】
★∀KIKO
北海道余市町生まれ。
1997年、東京表参道の路上からアーティストとしての人生がはじまる。
1999年より縁あって国宝である真言密教の寺、高幡不動尊金剛寺で毎月
第三日曜日に開催される骨董市「ござれ市」に唯一のアーティストとして参加。以来アートを通じてあらゆる世代の人々との交流を重ね、現在に至っている。
2000年からの4年間は自身のギャラリー「nociw-ART SPIRIT」をオープンする機会に恵まれ、クローズ後は「いのち」をテーマに自然のエネルギーを紡ぎ続ける絵描き、詩人として大好きな森の近くにアトリエを構えアートワークをライフワークとしている。
2014年ATOM CS TOWERのアートディレクター上田嗣夫氏との出会いを果たし東京新橋に「nociw gallery」が再びオープンすることとなった。

★DJ NOBUYA
1994年よりアンビエントDJとして自己表現を始め、クラブやレイブシーンで経験を積む。2000年以降は絵描きである妻∀KIKOと共に「アート」と「音」をテーマにギャラリーやカフェを中心に活動を開始。ナチュラルサウンド、ワールドミュージック、ロック、ポップ、テクノ、アバンギャルド等ジャンルに捕われず、自分の感性の思うままにサウンドをリミックスし、独自の空間を作ることを得意としている。
★ARTGYPSY 絵描きで詩人の∀KIKOとパートナーであるNOBUYAのアートユニット。「命」をテーマに∀KIKOの個展会場や様々な空間の中で∀KIKOの絵の映像インスタレーション、ポエトリーリーディングを行い訪れた土地に生きる表現者達とともに「何かを創る」そんなコラボレーションをARTGYPSY ARTSHOWと称し地球上で旅を続けている。




posted by パイン at 20:55| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

【ペンション エコーズ】麦生

エコーズHP00.jpg


ペンション エコーズは2011年に麦生にオープン。

屋久杉自然館(シャトルバス乗り場)まで車で13分と、縄文杉トレッキングにも好立地。

登山を楽しむ方のご利用も多いとのこと。



オーナーの鈴木さんは、釣り好き。

エコーズ鈴木さん.jpg

↑オーナーの鈴木さんとクチジロイシダイ


屋久島は実は大物釣りのメッカでもあります。

特に幻のクチジロイシダイは日本記録級が狙える釣り場として有名。

釣りを楽しむために、屋久島を訪れる人も少なくありません。

エコーズHP01.jpg


ペンションの部屋の廊下も釣り道具が置けるように土間仕様。

瀬渡し船乗り場(原港)まで車で5分。周辺は幻のクチジロイシダイはじめ、大型魚の釣りポイントが多数。

初めての方もアドバイスしてくださり、瀬渡し船や地磯釣り場も紹介してくださいます。

エコーズHP04.jpg


食堂はオープンスペース。

大型のテレビがあり、持込は自由。共用冷蔵庫をご利用できます。

コーヒー、お茶等はセルフサービスで無料。

エコーズHP02.jpg


お布団は良質な羽毛布団。

全室ユニットバス、トイレ(ウォシュレット)完備。早朝でも夜遅くでも部屋でお風呂に入れます🎵

もちろん、釣りをしなくても宿泊可能。掃除の行き届いた室内が気持ちよく、

客室は食堂と別棟ですので静かな時をお過ごしいただけます。

エコーズ地図.jpg


0423エコーズ01.jpg


0423エコーズ02.jpg

県道沿い海側。看板が目印。

【屋久島 ペンション エコーズ】
〒891−4402 屋久島町麦生165−7 
・安房港より車で12分、空港:25分、宮之浦港:40分
・屋久杉自然館(荒川登山口行きシャトルバス乗り場)13分
・原港(瀬渡し船乗り場)5分、尾の間温泉10分

TEL:0997−47−3525

ホームページ:http://echoesfloyd.jp/

素泊まり:1名様1泊4500円〜5500円(季節等により異なります)
・コーヒー、紅茶、お茶、ジュース等無料。朝は軽食をご用意しております(無料)
・TV、ドライヤー、タオル、シャンプー、コンディショナー、ボディーソープ等完備。
・シャンプー、ボディーソープ等は無添加ですのでアレルギーのある方でも安心。



posted by パイン at 19:53| 鹿児島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

イペーの鮮やかな花

イペイ02.jpg


イペイ01.jpg


イペイ03.jpg


イペイ04.jpg


とっても鮮やかで派手な黄色い花。イペー。

南米原産。ブラジルの国花でもあります。

耐寒性はそんなに強くないこの花。屋久島の気候には合っているようで、

あちこちに咲いています。

なんせ、派手な花なのと、満開の時期には葉っぱがなく、木には花だけですので

とても目を惹きます。花が終わると葉っぱが出てきます。

沖縄の方言で、イッペーとは、たくさん、とても、などという意味だそうです。

たくさん黄色い花を咲かせることから、この名前が付いたのでしょうね。

イペー(イペイ)
学名:Tabebuia chrysotricha
別名:コガネノウゼン・キバナノウゼン
英名:ゴールデン・トランペット・ツリー(Golden Trumpet Tree)


posted by パイン at 20:51| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

ダスキンのお掃除教室が開催

0423ダスキン.jpg


0423ダスキン03.jpg


ダスキンのお掃除教室が、知り合いのお家で開催されました。

掃除する上での、色々な知識を実践で教えてくださいます。(無料)

知らなかった、小さなコツをたくさん知ることができました。

例えば、掃除をするときに使用する水。

温度が10℃違うと、洗浄力は10倍違う。
(ただし、50℃を越えると洗剤の成分分解したりするので50℃以下で。)

また、洗剤の説明をよく読むこと。

洗剤を使う量は、思っているよりずっと少なくて良い。

などなどです。

0423ダスキン02.jpg


換気扇も、力を入れて磨くことなく綺麗になりました!



ダスキンと言えば、モップのレンタルというイメージでしたが、

・エアコン掃除
・害虫駆除
・引っ越し掃除

にも対応していると知りました。

今回、開催されたようなお掃除教室で掃除のコツを実際に知ることによって、

自分でも気負わずに掃除できるようになります。

3名〜5名で開催。所要時間:1時間30分 料金:無料

0423ダスキン和田さん.jpg


屋久島担当の和田さんは、10年前に脱サラして、

びっちりダスキンで研修を受け、掃除を学ばれ、現在活躍中。

掃除に関する疑問もわかりやすく教えてくだり、大変、為になりました。

0423そうじのひみつ.jpg


学研「まんがでよくわかるシリーズ」より、ダスキンの資料提供【そうじのひみつ】が発刊されています。

ダスキンは2000年より掃除教育に関する研究に取り組み、

教員向けセミナー、教育支援カリキュラムなどを通して、

学校の「掃除」や「お片づけ」の教育を支援する活動を行っています。

【ダスキン】
屋久島担当 和田さん
電話:0997-49-1488
近々、宮之浦にショップがオープン予定。





posted by パイン at 17:11| 鹿児島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

屋久島ふるさと産業祭り

0423産業祭02.jpg


尾之間の「屋久島町 町民すこやかふれあいセンター」において、

第8回屋久島町ふるさと産業祭りが開催されました。

恒例となっている姉妹都市の大分県・日田市、熊本県・菊陽町の特産品や味千ラーメンの販売に

屋久島の野菜、魚、陶器・木材・植物などなど盛りだくさんの内容。

0423産業祭04.jpg


安房のはにい窯さんも出店されるということで、真っ先にお買い物。(産業祭価格)

お皿などを購入しました。大事に使います。

0423産業祭03.jpg


そして屋久島町合併10周年を記念するイベントとして、

屋久島生まれの黒豚の販売なども。

一湊で栽培されている、立派な生キクラゲ、屋久島さんのニンニクも格安で販売されていました。

島の人が喜ぶお祭りです。見たことのないお店や商品などとの出会いもあり、

楽しく得るものが多かったお祭りでした。

0423産業祭01.jpg


舞台では、屋久島高校吹奏楽部の演奏や、バルーンアートショー、太鼓や踊りなどが披露。

たくさんの方が楽しまれていました。

モリモリ盛りだくさんのお祭り開催、ありがとうございます!

活気に溢れていました。









posted by パイン at 20:52| 鹿児島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

猿、来たる。

0422猿03.jpg


久しぶりに、猿が庭のすぐ近くまでやって来ました。

猫がやけに木の上を気にしているなぁ。と思っていたら、

ガサゴソ、キィーと鳴き声が。

見上げてみたら猿一匹。

最近は、近くまで降りて来てなかったんだけどな。

猫たちは固まって凝視。

0422猿を見る三匹.jpg


猿は木の上で余裕でポリポリ体を掻いていました。

0422猿.jpg


0422猿2.jpg


猫が攻撃されたら嫌なので、しばらく観察したあと、

「コラー!」と声をあげたら、一目散に逃げてゆきました。





posted by パイン at 17:55| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

エゴノキの花

0421エゴの花02.jpg


0421エゴの花.jpg


下を向いて咲く、エゴの木の花。満開です。

鈴なりに咲いていて、シャランシャランと鈴の音が聞こえて来そう。

近づいて匂いを嗅いで見ると、甘くていい香り。

香水になりそう。と思って検索して見たら、エゴノキの成分の入った香水がありました。

それくらい、いい香りです。



昔は、エゴの実を、川に流して魚が浮き上がったところを捕っていたそうです。
(実に麻酔効果があるため)

しかし、昨日紹介した小鳥、ヤマガラはエゴの木の実を好んで食べるそうです。

その場で食べす巣に持ち帰って貯蔵しているところが発見されているとか!

「萵苣(ちしゃ)の木」とも呼ばれ、「ちさの花」として万葉集でも読まれていますが、

「ちさの花」はイワタバコの花だという説もあります。

以下の歌は「ゑごの花」とはっきり書かれています。

 道も狭(さ)に 散り敷く白き ゑごの花
      踏むは痛々し 踏まねば行けず    泉 幸吉



posted by パイン at 19:41| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする