2018年03月21日

ストロビランテス アニソフィルス (ランプの妖精)の花

0318紫の花02.jpg


0320ランプの妖精04.jpg


0320ランプの妖精.jpg


0320ランプの妖精02.jpg


0320ランプの妖精と蟻03.jpg


ストロビランテス アニソフィルス (ランプの妖精)の花が満開です。

数年前、小さな苗を買って地植えにしていたら、あっという間に大きくなって、

高さ1メートルくらいまで元気に育ちました。

薄紫の花をたくさん咲かせてくれて、とても美しいです。

キツネノマゴ科イセハナビ属(ストロビランテス属)本種の産地は、インドのアッサム地方。

葉っぱは濃い緑色で、花が咲いていない時も綺麗です。

屋久島の気候に合っているようで、野生化しているものもあります。


posted by パイン at 19:22| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月20日

赤土染め(はに染め)の季節

0317赤土染02.jpg


0317赤土染.jpg


冬の間、お休みしていた赤土染め。

水もあたたかくなってきたので、久しぶりに染めました。

29000年前の赤土と言われている土で染めます。

姶良カルデラ火砕流。

時空を超えて優しい色に染まります。

屋久島に暮らしていた縄文人もきっと染めていたと思うとワクワクします!

大地の色、ホッとする色です。


posted by パイン at 21:20| 鹿児島 ☔| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月19日

花桃の花

0319桃の花.jpg


0319桃の花03.jpg


0319桃の花04.jpg


0319桃の花02.jpg


昨日、掲載した桃の花は、実が食べられますが、こちらの桃は食べられません。

県央沿いに咲いています。

いつも目をひく、鮮やかな色ですが、

車でビューーっと通り過ぎてしまうので、なかなかじっくり見れていませんでした。

なので、車を停車させて撮影。数日前のものなので、今は葉っぱが随分出てきています。

桃のいや地(連作障害)というものを調べていて知りました。

桃は長年同じ場所で育っていると、桃が好きな虫や菌が常にいる状態(センチュウなど)となり、

病気や虫の被害が多くなってしまうとのこと。

活性炭などを土に混和して対策をとる方法や、コンパニオンプランツなどを植える方法があるそうです。

花桃
科名 : バラ科サクラ属
分類 : 落葉小高木
開花期 : 3〜4月
原産国 : 中国
花言葉 : 人柄の良さ、恋のとりこ、あなたに夢中
posted by パイン at 20:27| 鹿児島 ☔| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月18日

種から発芽した桃の花

0318桃の花.jpg


0318桃の花02.jpg


一昨年、食べた桃。

その種から発芽した桃の花が初めて咲きました。

すごく嬉しい!

この木にとって、生まれて初めての花ですよ〜。

おめでとう!

背丈も、もう二メートルくらいあります。

冬の間は、枝だけになって大丈夫かなぁ?と思っていましたが、

春になって、モリモリ葉っぱを出して、花も咲かせてくれました。

ありがとう!


posted by パイン at 21:13| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月17日

ヤクシマオナガカエデの花と新緑

0315ヤクシマオナガカエデ03.jpg


0315ヤクシマオナガカエデ02.jpg


0315ヤクシマオナガカエデ.jpg


新緑の季節、ひときわ目を惹く、

ヤクシマオナガカエデ。蛍光っぽく見える黄緑色です。

花も可愛くぶら下がって咲いています。

花が終わって7月ごろ種になると、プロペラのように飛んで行きます。

0727ヤクシマオナガカエデ03.jpg


紅葉も美しい木で、屋久島の山の風景に、四季折々挿し色をしてくれます。




posted by パイン at 18:07| 鹿児島 ☀| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月16日

背丈ほどのジャンボ・ボタンボウフウ

0315ジャンボボタンボウフウ.jpg


0315ジャンボボタンボウフウ03.jpg


0315ジャンボボタンボウフウ02.jpg


海岸にボタンボウフウの新芽を採りに行ったら、発見。

こんなに大きなボタンボウフウ初めて見ました!!

ゆうに150cmはあります。

茎は木のようになっていました。直径10センチ以上。

ここまで育つんですね。

新芽は美味しく天ぷらでいただきました。

友人は、ボタンボウフウの葉っぱでジェノベーゼソースを作ったそうです。

わたしも作ってみようかな。







posted by パイン at 18:14| 鹿児島 ☔| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月15日

テングチョウ

0315テングチョウ.jpg


0315テングチョウ02.jpg


テングチョウ。

初めて見ました。

顔が天狗のように前に伸びているから。(ハルピ:下唇鬚)

下唇髭がどの様な役割を果たしているのかはよく分かっていないとのこと。

まだまだ未知なことが、いっぱいですね。

テングチョウ亜科は世界に十種類ほど。日本では、このテングチョウ一種のみ。

沖縄から北海道まで日本全国に分布しているそうです。

花も新芽も一気に開き、虫たちもどんどん活動的になっています。

これは、もう、間違いなく春ですね!!



posted by パイン at 19:30| 鹿児島 ☀| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月14日

美しいイルカの骨

0311イルカの骨.jpg


海辺に打ち上げられていた、綺麗な形の骨。

イルカの背骨と肋骨でした。

周りを見渡してみたけど、この二つだけ落ちていました。

台風の時にでも流されて来たのかな。

イルカの背骨がこんなに綺麗な形をしているなんて、知りませんでした。

お見事ですね。

posted by パイン at 17:29| 鹿児島 ☀| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月13日

海岸のオタマジャクシ

0311オタマジャクシ02.jpg


0311オタマジャクシ.jpg


0311オタマジャクシ03.jpg


オタマジャクシがいっぱい。

海岸の水たまりに。

ここは海水ではなく水たまり。

屋久島には止水域(水が止まっている川)が

少ないので、カエルは止水域を見つけて産卵していると教えていただきました。

大きな波がきて、海水が入ってしまうと、オタマジャクシは死んでしまうので、

カエルにとっては、賭けなんですね。

無事、カエルに成長できますように!


posted by パイン at 13:45| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月12日

春の山菜を楽しむ会

0311山菜.jpg


0311山菜03.jpg


0311山菜04.jpg


昨日は、屋久島自然研究会で、山菜採りと勉強会でした。

毎年恒例の行事です。

快晴の中、海岸でノビルをとったり、

タケノコとり(今年は寒かったのが影響しているのか、まだあんまり出ていませんでした)

お昼は、みんなで天ぷらにしていただきました。

0311山菜02.jpg


美味しかった〜。楽しかった〜。

ごちそうさまでした。


posted by パイン at 15:25| 鹿児島 | Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする