2018年03月21日

ストロビランテス アニソフィルス (ランプの妖精)の花

0318紫の花02.jpg


0320ランプの妖精04.jpg


0320ランプの妖精.jpg


0320ランプの妖精02.jpg


0320ランプの妖精と蟻03.jpg


ストロビランテス アニソフィルス (ランプの妖精)の花が満開です。

数年前、小さな苗を買って地植えにしていたら、あっという間に大きくなって、

高さ1メートルくらいまで元気に育ちました。

薄紫の花をたくさん咲かせてくれて、とても美しいです。

キツネノマゴ科イセハナビ属(ストロビランテス属)本種の産地は、インドのアッサム地方。

葉っぱは濃い緑色で、花が咲いていない時も綺麗です。

屋久島の気候に合っているようで、野生化しているものもあります。


posted by パイン at 19:22| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする