2018年06月09日

「漬け魚レシピ(づけうおれしぴ)」冊子配付中

0608漬け魚レシピ.jpg


屋久島の魚をより美味しく身近に食られるレシピ本。

「漬け魚レシピ」が配付中です。

東京より屋久島に移住した、川東繭右(まゆう)さんがレシピを開発。

川東さんは水産庁が任命する「お魚マイスター・お魚かたりべ」です。

屋久島在住のデザイナー田宮光さんが、撮影とデザインを担当。

撮影スタジオを作成しての、こだわりの撮影で、どれもとても美味しそうです!

発行は、屋久島地区水産業改良普及推進協議会。熊毛支庁林務水産課・屋久島町役場農林水産課・屋久島漁業組合。

私もA-coopでいただきました。

魚を買って、レジで「漬け魚レシピ」の冊子が欲しい旨、伝えるといただけます。

お料理って魔法みたいですよね!

これだけのレシピ考えられるってすごいと思います。

そして、それを配布していだきありがとうございます。

私は、まだ作っていませんが、これからこの中のレシピを挑戦してみたいです。

「漬け魚レシピ(づけうおれしぴ)」
お魚をお買い上げの方に一人様一冊無料進呈中。限定1000部。
在庫がなくなり次第、終了。
配布店は以下の通り。

・ヤクデン
・塚田鮮魚店
・丸高水産
・わいわいらんど
・Aコープ宮之浦店
・Aコープ安房店
・Aコープ尾之間店
・瀬山鮮魚店(麦生)
・瀬山鮮魚店(原)
・山下商店

「屋久島おさかなnet」fbページ の説明より

日本古来の調理法「漬け」を応用した「漬け魚レシピ」を作りました。

なぜ「漬け」なのでしょうか?

1 「鮮度長持ち」漬けにすることで魚の水分、匂いを取り除き、劣化を遅らせます。安心安全で栄養価の高い旬の地魚を、鮮度に縛られない経済的な買い方、賢い食べ方ができます。

2 「旨みアップ」 調味料の効果により魚が熟成していくことで、旨みの素・アミノ酸が増加し、生食とはまた違う美味しさが生まれます。

3 「時短・簡単」 調味料に漬けておくだけで、どんどん美味しくなっていきます。あとは食べたい時に手早く調理をするだけです。

このレシピ集では、なじみのある6種類の調味料別の漬け魚を、熟成段階に合わせたおすすめ料理を紹介しています。熟成とともに変化する旨みや食感を楽しめるレシピになっています。




posted by パイン at 09:00| 鹿児島 🌁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月08日

大粒のヤマモモでシロップ作り

0608ヤマモモ04.jpg


左が普通のヤマモモ。右が大粒のヤマモモ。別名ミズモモ。

0608ヤマモモ03.jpg


木が高くて取れないので、木の下にビニールシートを引いて落ちてきたのを集めました。


0608ヤマモモ.jpg


洗ってから、砂糖とクエン酸(レモン汁の代わり)を入れて、グツグツ弱火で30分ほど。

0608ヤマモモ02.jpg


実を引き上げて、シロップだけを保存。

ヨーグルトにかけたり、炭酸水、焼酎で割っても美味しいです。

昨日は、久しぶりに猿が降りてきて、このヤマモモを食べていました。

猿もこの時期は食べ物がいっぱいですね。

0608ヤマモモ05.jpg


地元の人曰く、これだけ大きなヤマモモの木は珍しいとのこと。

「サクい木」だそうで、どういう意味かと聞いたら、

「折れやすい木」だそうです。

子どもの頃、ヤマモモの木に登っていると、枝が折れて、落下。気絶していたとのこと(危ない!)






posted by パイン at 10:19| 鹿児島 🌁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月07日

西郷隆盛上陸の地・一湊

0604西郷隆盛上陸の看板03.jpg


0604西郷隆盛上陸の看板.jpg


0604西郷隆盛上陸の看板02.jpg


0604西郷隆盛上陸の看板04.jpg


屋久島の一湊に西郷隆盛上陸の地の碑があります。

徳之島へ配流される途中、屋久島の一湊に1862年6月18日から8泊し、

25日に徳之島に向けて出発したとのこと。

喜界島へ流された村田新八も一緒におり、

西郷の一湊滞在は、この村田新八の「宇留満日記」に記載されているそうです。

昨年は、「西郷隆盛」氏の曾孫にあたる、西郷隆夫さんが一湊を訪れられたと

一湊公民館のブログにありました。


0604密航密輸看板.jpg


ちなみに近くにはこんな看板も。





posted by パイン at 17:29| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月06日

イトトンボのタンデム

0604イトトンボ交尾02.jpg


0530イトトンボ交尾03.jpg


0604イトトンボ交尾.jpg


先日、見かけたイトトンボ。

二匹に増えていました。

下にいるのがメス。天に向かって伸びているのが、オス。

交尾しているのかと思ったら、そうではなくて、

交尾の後に、メスが他のオスにとられないように、捕まえている状態。

このまま産卵場所を探しに行くそうです。

1日だけでなく、数日間、目撃したのですが、何度か繰り返すのでしょうか。

身の回りの自然に、不思議がいっぱいで、毎日「なんで?どうして?」が止まりません(笑)

解決することもあれば、わからないこともいっぱいです。





posted by パイン at 20:59| 鹿児島 ☔| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月05日

花が開かないナワシロイチゴ

0525ナワシロイチゴ02.jpg


0530ナワシロイチゴ03.jpg


0530ナワシロイチゴ.jpg


0530ナワシロイチゴ02.jpg


ナワシロイチゴ。バラ科キイチゴ属。

日本全国で見られるキイチゴ。

屋久島でもよく見られます。

「そういえば、どんな花だったかな?」

と思って調べて見たら、

なんと、花は円錐状について、開かないのが特徴とのこと。

円錐状に閉じた先から雄しべと雌しべの先だけを出しているそう。

「花は咲くもの、開くもの」と思っていましたが、

咲かない花もあるなんて!!

きっと、咲かないほうが子孫繁栄に有利なんでしょうね。

花弁の裏側で昆虫を誘引して、受粉。たくさん果実がついています。

食用でき、薬用酒に向いているとのこと。

また、花の時期に開いていたガクは受粉すると、閉じて果実を守り、

果実が成長すると、また開くそうです。(国立研究開発法人 森林総合研究所 ナワシロイチゴより)

面白い植物の世界です。





posted by パイン at 12:38| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月04日

カゴカキダイ◎海の中の世界

0604海の中.jpg


梅雨の晴れ間が続く屋久島。

海で泳いできました!

少し濁っていましたが、いろんな種類の魚に会えました。

0604海の中カゴカキダイ.jpg


0604海の中カゴカキダイ03.jpg


0604海の中カゴカキダイ02.jpg


こちら、カゴカキダイの群。

肩が異常に盛り上がっている様が江戸時代の駕篭かき(かごかき)の姿に似ているから、この名前とのこと。
ぼうずコンニャクの市場魚介類辞典より)


0604キビナゴ.jpg


写真にはうまく写りませんが、

キビナゴの群は、夢のような美しさです。

何回出会っても感動します。

全身の力を抜くことができる、海。

泳いで、海の中の世界を見るのが、とても好きです!!



posted by パイン at 15:23| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月03日

オタマジャクシがカエルに!

0603カエル.jpg


0603カエル02.jpg



5月はじめごろに孵化したオタマジャクシ、

第一陣がほぼカエルになりました!アマガエルかな?

これから続々カエルになるはず。

ホッとする間もなく、またまた赤ちゃんオタマジャクシがまたいっぱい!

せっせとメダカの餌あげてます。

約一ヶ月でオタマジャクシからカエルになるんですね。

0603オタマジャクシ.jpg


去年から育て始めた、睡蓮と、蓮の鉢に産卵してゆきます。

去年は8月に初めてオタマジャクシを発見したけど、

今年は、4月頃から続々産卵しています。



posted by パイン at 15:20| 鹿児島 ☁| Comment(0) | 編集者の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月02日

ヤクザル◎可愛すぎる赤ちゃんの季節

0530ヤクザル03.jpg


0530ヤクザル.jpg


0530ヤクザル065.jpg


0530ヤクザル05.jpg



遊んでいるヤクザル猿赤ちゃん 屋久島 yakushima



ヤクザルの赤ちゃんの季節です。

とっても可愛い!

落ちている松ぼっくりで遊んでいたり、天真爛漫です。

近くには必ず母猿がいて、警戒の鳴き声が聞こえたら

さっと抱きかかえて逃げてゆきました。

サッと赤ちゃんを抱く母親猿◎屋久島 yakushima



0530ヤクザル04.jpg


0530ヤクザル02.jpg


あちこちで毛繕いしているヤクザル達。

この子のように、頭のてっぺんに毛がない子が何頭かいましたが、

理由はわかりません。なんでだろう?

頭と手足の先から換毛が進行するそうなので

前頭部から頭頂部にかけてだけ夏毛なのかな。






posted by パイン at 18:34| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月01日

トックリ形の蜂の巣

0524蜂の巣.jpg


先日、見かけたトックリ形の蜂の巣。

近くに蜂は飛んでいませんでしたが、

コガタスズメバチの営巣初期の巣のようです。

コガタスズメバチは温厚な蜂のようですが、

8月後半、新女王蜂の誕生間近の季節は非常に凶暴性が増すとのこと。

蜂の駆除屋さんのHPを見ていると、

住宅街で一番駆除依頼が多いのがコガタスズメバチの巣だとのこと。

屋久島でも、環境美化作業で、草刈りしているときに、

蜂の巣に気付かず刺されてしまう人が時々います。

人間に比べると、うんと小さな体ですが、強いですよね。

難しいかもしれないけど、うまいこと、共生してゆきたいものです。



posted by パイン at 23:26| 鹿児島 ☀| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする