2018年08月20日

ボウタンボウフウにキアゲハの幼虫

0731ボタンボウフウ02.jpg


0731ボタンボウフウ.jpg


0731ボタンボウフウ03.jpg


花火のように弾けて咲いている、ボタンボウフウ(長命草)の花。

0731ボタンボウフウ03アオムシ2.jpg


キアゲハの幼虫が二匹いました。

鮮やかです。

目立ちそうだけど、この色が安全なのでしょうね。

0731ボタンボウフウ03アオムシ02.jpg


0731ボタンボウフウ03アオムシ01.jpg


この後、どこで蛹になるのかなぁ。

幼虫は、蛹のなかで一度液体に溶けて、孵化するそうですが、

蛹の中で何が起こっているんだろう。

不思議すぎます!!

人間でも、転機の時など、いろんなものが一回溶けて、

また再構成する感じがありますが、

実際に液体になっているとき、幼虫の意識はどこにあるんだろう。

本当に、神秘です。







posted by パイン at 17:08| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする