2018年10月31日

メダカの赤ちゃん

1031メダカの赤ちゃん.jpg


メダカの赤ちゃんが生まれました!

嬉しい。

今年の初夏、おたまじゃくしがたくさん生まれて、

去年は、一緒にしてても平気だったのに、

今年は、おたまじゃくしが多かったせいか、

メダカが次々と亡くなってしまい、

急いで、別の容器に移したんですが、生き残ったのは、2匹。

オスとメスだったので、また産卵して増えてくれたらいいなぁ。

願っていました。

毎日、メダカ鉢を眺め、卵が付いているのも確認していたのですが、

稚魚を確認したのは、今日が初めて!

嬉しい。よかった。

取り急ぎ、育て方を調べ、三匹の稚魚だけ別容器に移し、

(他にもいるはずだけど、4ミリほどと小さすぎて見つけるのが難しい!針子とも呼ばれるほど)

餌をすりつぶしてあげました。

どうか、大きくなってくれますように。


posted by パイン at 09:15| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月30日

ムクドリが一匹電線に。

1029ムクドリ.jpg


1029ムクドリ0787.jpg


1029ムクドリ0791.jpg


電線に一羽、ムクドリが止まっていました。

可愛い後ろ姿。

ぎゅっと足で電線を掴んでいる様子が可愛いです。

屋久島には、寒くなってきたらやってきます。
(ちなみに、標高1600mの花之江河は一面真っ白に凍っていたそうです!山に行くときは冬装備ですね)

ムクドリというと、群れを想像しますが、この子は一羽だけ。

周りにも、仲間の姿は見えませんでした。

目の周りの模様が印象的ですね。

ムクドリ(椋鳥)
スズメ目ムクドリ科
学名:Sturnus cineraceus
英名: White-cheeked Starling / Grey Starling
posted by パイン at 18:20| 鹿児島 ☀| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月29日

H2Aロケット40号機 いぶき2号 打ち上げ

1029ロケット打ち上げ.jpg


1029ロケット打ち上げ04.jpg


1029ロケット打ち上げ03.jpg



1029ロケット打ち上げ02.jpg


いぶき2号を搭載したH2Aロケット40号機が

種子島宇宙センターから打ち上げられ、成功しました。

申し分のない快晴で、青空を飛んでいきました。

「いぶき2号」は、 地球温暖化をもたらす温室効果ガスの観測衛星。

温室効果ガスだけでなく、PM2.5や、すすなどのブラックカーボンなど大気汚染物質も観測できるそうです。

アラブ首長国連邦(UAE)の地球観測衛星「ハリーファサット」や、

東北大、静岡大、愛知工科大、九州工業大の超小型衛星4基も相乗りして打ち上げられているとのこと。

ロケット打ち上げのこと、忘れていましたが、お昼のラジオで聞いて見ることができました。

観測の結果が反映されて、地球の環境がよりよくなりますように!

H2Aロケット40号機 打ち上げ 屋久島






 
posted by パイン at 16:34| 鹿児島 ☀| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月28日

キジバトのオスとメス?

1024キジバト2羽02.jpg


1024キジバト2羽.jpg


1024キジバト2羽03.jpg


キジバトのつがいが仲良く歩いていました。

キジバトのオスとメスの見分け方は、、、

・雄はデッデ、ポッポーと低い声で繰り返し鳴く。

・オスのほうが目の周りの赤がより太く、赤い傾向にある(春から秋の繁殖期に顕著)。

・オスはメスよりひとまわり大きく、首が太短いのに対して、メスはスッキリと細長い首

だそうなので、、、

きっと左がオスで、右がメスですね。

目の周りの変化は写真ではわかりませんでした。

調べてみると、オスもピジョンミルクを分泌し、雛に与えるそうです!


【キジバト】

学名:Streptopelia orientalis
英名:Eastern turtle dove. Oriental turtle dove. Streptopelia orientalis.

ハト科 全長33cm 
ユーラシア大陸東部の低地から山地に分布

冬場を除くほぼ通年、一夫一婦制(繁殖に失敗してしまうと、つがいを解消することもある)

オスが木の枝を運び、メスが巣作りする。産卵数は2個。オスが昼、
メスが夜に抱卵し、約15日で孵化する。オスメスともにピジョンミルクを分泌し、
ヒナに与える。孵化から約15日で巣立つ。

過ごしやすい環境のもとでは、10年から20年生きる。



posted by パイン at 09:02| 鹿児島 火山灰| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月27日

屋久島の下水

1018下水.jpg


1018下水02.jpg


1018下水03.jpg


私の好きな海岸。

生活排水が流れ込んでいます。

近づくと、はっきり言って顔をしかめたくなる臭さ。

この近くの海では、泳ぎたくないと思ってしまいます。。。

見た目には綺麗ですが。

過去の記事、【屋久島の下水・浄化槽点検

でも書きましたが、

屋久島の現状は、こんな感じです。

・下水処理システムは、各家庭で浄化槽をつけている。
→浄化した水を、川や海に流している。

・屋久島で浄化槽をつけている件数は、約4000件。

・古いお家、汲み取り便所のお家などは、浄化槽がないところが多い。
→家庭排水は全て直接、川や海へ。

・義務ではないが、子供たちの世代まで美しい環境を残そうと思ったら、浄化槽はつけるのが理想。

・屋久島町から補助金が出ている。

1013浄化槽補助金.jpg




30年前の屋久島を知ってる方が、おっしゃるには、

昔は、もっと海も川も綺麗だったそうです。

これ以上、汚さないためにも、浄化槽の設置が進むといいなぁ。

と願います!


posted by パイン at 09:00| 鹿児島 火山灰| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月26日

狂い咲きの桜

1024狂い咲き桜0513.jpg


1024狂い咲き桜0511.jpg


1024狂い咲き桜_0183.jpg


今年は、狂い咲きの桜が多いです。

一瞬、今の季節はなんだっけ???

と脳が混乱でします(笑)

狂い咲きの原因としては、

・夏場の異常乾燥による急激な落葉作用(自身の樹体を守るための生理現象)
・極端な虫害によるもの
・台風の塩害などで、9〜10月頃、葉がまったくなくなってしまったこと

などが考えられるそう。

やまんこ公園の桜は、葉っぱが茂っていたので、狂い咲きはしていませんでした。

今年の台風で葉っぱが落ちてしまった木が多いのでしょうか。



参照ページ

このはなさくや図鑑 開花のしくみ

さくら図鑑

梅と桜と桃の花の見分け方


posted by パイン at 08:57| 鹿児島 火山灰| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月25日

ヒメアリアケカズラ(姫有明葛)の実と花

1017ヒメアリアケカズラ03.jpg


1017ヒメアリアケカズラ04.jpg


1017ヒメアリアケカズラ02.jpg


花の中にある、オレンジのラインは虫を導くデザイン。

1017ヒメアリアケカズラ054.jpg


黄色い鮮やかな花に、トゲトゲの実。とても面白い形!

ヒメアリアケカズラ(姫有明葛)

キョウチクトウ科なので、毒があるようです。

数年前、キョウチクトウの枝をバーベーキューで使用して死亡した事件がありましたね。

それにしても、

黄色い花の明るいパワーはすごいですね。

周囲を黄色で照らしているようです。



南米原産。

日本に来たのは明治時代。

ハワイでは生垣に多く植えられているそうです。

キョウチクトウ科 アリアケカズラ属
常緑低木
学名:Allamanda neriifolia
花言葉:恋に落ちる前



posted by パイン at 18:40| 鹿児島 ☀| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月24日

カラスバトとズアカアオバトの鳴き声

カラスバトとズアカアオバトの鳴き声





どこからか聞こえて来る、、、

笛のような音、人が唸っているかのような音。

初めて聞いたことは、本当に誰かが笛を吹いているのかと思っていました。

笛のような音は、ズアカアオバト鳴き声です。

低い音は、カラスバトの鳴き声です。

なんとも人間味のなる鳴き方ですよね。

庭の木々の反響か、すごく響いて聞こえてきます。

posted by パイン at 19:25| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月23日

屋久島産ローレル

1017ローレル.jpg


1017ローレル02.jpg


月桂樹の葉っぱをいただきました。

とってもいい香り!

屋久島に育っているとは知らずびっくり。

調べてみたら、耐陰性があり、庭園や公園などにも広く植えられている木なんですね。

てっきり外国の木だと思っていました。

ローレルは英語。

ローリエはフランス語。

和名は月桂樹。

月桂とは、中国の伝説にある、月に生える桂のことだそうです。
(日本では月を見る時「餅をついているウサギ」を見ますが、
中国では「大きな桂(けい=銀木犀)の樹を切る男の姿」を見るそうです。)



ゲッケイジュ(月桂樹)
学名:Laurus nobilis
クスノキ科の常緑高木
原産・分布:地中海沿岸(1905年ころ渡来)
雌雄異株
日本に雌の木は少ない。
花言葉:輝ける未来


posted by パイン at 09:00| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月22日

格好良くて、なんとなくひょうきんな感じがするクロサギ

1018クロサギ0431.jpg


1018クロサギ0432.jpg


1018クロサギ0430.jpg


海岸の常連さん。クロサギ。

獲物を探し、見つけたのか、羽根をブワッと広げて覗き込んでいました。

獲物は獲得できず。

1018クロサギ0429.jpg


1018クロサギ0427.jpg


1018クロサギ0428.jpg


抜き足、差し足で忍び寄るクロサギ。

1018クロサギ0426.jpg


1018kurosagi0434.jpg


なんだか、目がいたずらっ子みたいで、愛嬌があります。

海面スレスレを飛んでゆく様子は、とっても純粋で格好いいです。

1018クロサギ飛ぶ0447.jpg


1018飛ぶクロサギ.jpg


クロサギ(黒鷺)
学名:Egretta sacra
ペリカン目サギ科


posted by パイン at 09:00| 鹿児島 ☀| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする