2018年10月11日

スズメバチの巣

1011スズメバチの巣.jpg


物置部屋に夏の間、スズメバチが飛び交っていたので、

閉めっぱなしにしていたのですが、

もう姿を見なくなったので、入ってみると、、、

立派な巣が!

もう空っぽのようですが、用心して冬までこのままにしておこうと思います。

隙間を埋めないと、来年も同じところに巣を作ろうとするらしいので、

冬に対処します。

posted by パイン at 15:33| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月10日

小鳥を食べるトンビ

小鳥を食べるトンビ 屋久島 yakushima



海岸で、何かを食べているトビ。

よく見ると、突くたびに羽が飛んでいっているので、

捕らえた小鳥を食べているのでしょう。

一瞬、かわいそうな気もしますが、

でも、トビが生きていくためには必要なことで、

必要な量しか食べていないのですから、生命の営みですね。

(人間は必要以上に殺しすぎてますよね。。。)

0909カラスとトンビ023.jpg


羽根に特徴があるトビに、この海岸でよく出会いますが、

多分、同じ個体だと思います。

身近な鳥ですが、寿命は?住まいは?1日にどれくらい食べるの???

などなど、暮らしに関する基本的なことさえ、さっぱりわかりません。。。


posted by パイン at 19:19| 鹿児島 ☀| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月09日

葛の花のお茶

先日、葛の花について調べてた時に

「葛の花のお茶は美しいブルー」という記述をよみ、

どうしても試してみたく、花を乾燥させていました。

いざ!お茶に。

1008葛の花のお茶03.jpg


左が生の花。 右は乾燥させた花。

ワクワクしながら入れたのですが、、、残念ながら茶色でした。

味とかおりは葛の花。ほんのりと甘みもあり、

まるでお花を飲んでいるようでした。

贅沢な気持ちになれるお茶です。

1008葛の花のお茶.jpg


飲み終わったカップを見てみたら、、、そこには青紫っぽい色が残っていました。

う〜ん。もっと薄く入れれば青くなるのでしょうか?

1008葛の花のお茶02.jpg


葛の花でお酢も作れるそうです!

詳しくは、美味しい薬膳lab 【葛花】(かっか) 葛の花

砂糖水に漬け込んで、半年ほどでお酢になるそうです。


posted by パイン at 19:47| 鹿児島 ☀| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月08日

ホテイアオイの鉢にシロマダラ?蛇。

今朝、ホテイアオイの鉢になにやら動くものが。

良くみてみたら、まだ小さな蛇。

可愛らしい顔をしています。

シロマダラかな?

シロマダラだとしたら毒はありません。

少し前までは、オタマジャクシやカエルがいましたが、

今は空っぽ。

カエルを狙って蛇が来るとは聞いていましたが、

匂いが残っていたのでしょうか?

1008シロマダラ蛇.jpg


1008シロマダラ蛇02.jpg


蛇をみたら、反射的に「怖っ!」と思ってしまいますが、

これは本能からなのか、先入観なのか。どっちなんでしょうね。

これくらいのサイズの蛇だと、ジロジロみれます。

目が可愛いです。


posted by パイン at 19:51| 鹿児島 ☀| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月07日

福神草(フクジンソウ)

1007福神草005.jpg


1007福神草003.jpg


1007福神草.jpg


1007福神草006.jpg


1007福神草004.jpg


1007福神草02.jpg



赤い苞に包まれた白い花が目立っています。

車で走っているときに見かけて引き返して写真を撮りました。

初めて見る花。名前を調べて見たら、なんとも縁起がよくて、嬉しくなりました。(名前の由来はわかりませんでした)

フクジンソウ(福神草)

学名:Costus speciosus(コスツス・スペキオスス)

別名:
・コスタス
・オオホザキアヤメ(大穂咲き菖蒲)
・Crepe Ginger
・Wild Ginger
・Malay Ginger

ショウガ目
ショウガ科(旧来はショウガ科に分類されていたが、最近ではオオホザキアヤメ科)
ホザキアヤメ属(フクジンソウ属)

多年草
根茎が食用や、肝炎等の薬用

花を毎日1〜2個ずつ開花させる。1日花。

原産地 インド〜マレーシア

花言葉 幸せを招く

0927造花.jpg


↑ちなみに、こちらは、先日、珍しい大きな青い花があるなぁ。と写真に撮ったもの。

近づいてよく見てみたら、造花でした(笑)



posted by パイン at 19:47| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月06日

愛らしい◎コムクドリ

1006コムクドリ9916.jpg


1006コムクドリ9917.jpg


1006コムクドリ9909.jpg


1006コムクドリ9897.jpg


1006コムクドリ9899.jpg


1006コムクドリ9908.jpg


1006コムクドリ9898.jpg


鳥の群が、移動して、木に止まったので、見てみたら、

なんとも可愛らしいコムクドリたち。

ここでお休みになるのかな?

と思っていたけど、日暮れ近くになると、いなくなっていました。



コムクドリ (小椋鳥)

学名:Sturnus philippensis

スズメ目ムクドリ科

夏になると繁殖のために東南アジアなどの南の方から渡ってくる渡り鳥。

中部以北でしか、繁殖しませんが、春と秋の渡りの季節は日本全国で見られるそうです。





posted by パイン at 20:00| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月05日

波の花がフワフワ飛ぶ海岸

1005波の花03.jpg


サギは、今日も格好いいです^^  今日は、4羽写っています。

1005波とサギ.jpg


台風25号の影響で、昨日からフェリー屋久島2は欠航。

他の交通も影響が出ています。

海に散歩に行ったら、波の花が風に吹かれて鳥のように飛んでいました。

実際、最初、小鳥が飛んでいるのかと思いました。

鳥だと思ったものの正体は、虹色のアワアワ。

1005波の花.jpg


1005波の花04.jpg


1005波の花05.jpg


1005波の花02.jpg


波の花は、海中にただよう植物性プランクトンに含まれる粘液が海の波にもまれて、

石鹸状の泡となるとされています。(海が汚れていると泡は現れないそうです)



posted by パイン at 14:04| 鹿児島 ☔| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月04日

持ち寄りランチ会

1002ランチ03.jpg


屋久島の美味しいフレンチ料理のレストラン、ラ・ターブルの郁ちゃんが、

店を閉めて、もうすぐ屋久島を出ます。

新たな旅立ちに向けて、「また会おうね」ということで、

言霊わっしょいダンスをみんなで踊った後、

持ち寄りランチ会でした。

この美しい盛り付け!!

1002ランチ02.jpg


1002ランチ.jpg


見た目も、味も最高なお料理たちが集結。

みなさん、お料理上手です!

ダンスの後に、沢に飛び込む、

その後、美味しいランチ。

いろんなお話をし、とてもいい時間でした。

1002ピース.jpg


猫のピース。

また、新しい土地で、美しい日々を過ごされることでしょう〜!

ありがとう!




posted by パイン at 13:30| 鹿児島 🌁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月03日

マコモダケ(真菰筍・マコモタケ)

0927マコモダケ.jpg


0927マコモダケ02.jpg


0927マコモダケ03.jpg



マコモダケ。

近所の無人市で購入。

一緒にグアバジュースとグアバも。

マコモダケはトウモロコシやサトウキビと同じイネ科の多年草。

アクがなく、柔らかいタケノコのような食感。

ほのかな甘み。

生で何もつけずに食べても、美味しいです。

今回は、生と、味噌汁と、炊き込みご飯にしました。

タケノコが好きな方なら、好きだと思います^^

キノコではなく、イネ科に属する野菜。

マコモに黒穂菌(くろぼきん)が寄生することで若茎が肥大してきて、食べられマコモダケになる。

黒穂菌は農業では害菌とされトウモロコシや麦などに大被害をもたらしますが、

マコモダケにとっては欠かせない存在だそうです。(マコモダケってキノコですか?より きのこの時間)

旬の食材百科 マコモダケ
http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/makomodake2.htm


そういえば、友人はマコモ風呂に入っているって言っていました。

マコモダケと関係あるのかな?と思い調べてみたら、

「真菰(マコモ)を人の手で進化させ、発酵させたもの」が

マコモ風呂の原料になるようです。


posted by パイン at 15:44| 鹿児島 ☀| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月02日

サシバの渡りに出会えました!

サシバの渡り 2018/10/2 屋久島 yakushima




14:37 尾之間

サシバの渡りに会えた!!

感動!!!テンション上がります!

急いで車をUターンさせて、撮影。

どんどん集まって来て、上昇気流をとらえて上昇してゆきました。

これから、渡りを見るには絶好の季節。

大群で屋久島を通って行きますよ。

1002サシバ02.jpg


1002サシバ04.jpg


1002サシバ.jpg


1002サシバ03.jpg



※本州の中部地方以北で繁殖したサシバは第1番目の集団渡来地、

伊良湖岬(愛知県)を通り、別のサシバと合流して佐多岬(鹿児島県)に集結。

そこから越冬地の奄美大島や沖縄を経て、フィリピンやインドネシアの島々に渡っていきます。

上昇気流をとらえて、複数のサシバがらせん状に舞い上がります。



posted by パイン at 16:35| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする