2018年10月14日

頷き姫芙蓉(うなずきひめふよう)

1008ウナズキヒメフヨウ.jpg


1008ウナズキヒメフヨウ06.jpg


1008ウナズキヒメフヨウ02.jpg


1008ウナズキヒメフヨウ03.jpg


1008ウナズキヒメフヨウ04.jpg



頷き姫芙蓉(うなずきひめふよう)

家の入り口に咲いていて、出かけて帰ってくると、

いつも出迎えてくれる花です。

花弁の基部がめしべに巻き付き、

開かない構造になっているためこれ以上開きません。

蕾のときは上を向いていて、花が咲くと下向きになります。

英語では、スリーピング・ハイビスカス

桃色や橙色もあるそうですが、屋久島では見たことないです。

パーーーッと開きたくならないのかな?って思いますが、

これがベストな形なんでしょうね^^

【ウナズキヒメフヨウ】
アオイ科ヒメフヨウ属
落葉低木
学 名:Malvaviscus arboreus var. mexicanus
別 名:Sleeping Hibiscus
    Turk's cap (トルコ人の被る帽子に似ているから) 
メキシコ・コロンビア原産
中南米では樹皮から繊維を採ったり、花を薬用に使用
花言葉:優しい感受性


posted by パイン at 20:37| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする