2018年10月18日

キオビエダシャクの産

1017キオビエダシャク0358.jpg


1017キオビエダシャク0375.jpg


1017キオビエダシャク0366.jpg


キオビエダシャクの産卵。

イヌマキの害虫扱いですが、とっても綺麗。

黄色の帯に角度によって青く光る体。

卵は、10日程度で孵化し約1ヶ月で5cmに成長すると土中に潜り蛹になり、

成虫は約2週間で産卵し一生を終える。
 wikipediaより

夕日に照らせれ、黄色のラインが一段と輝きとても綺麗で、

見入ってしまいました。

名前がわからなかったので、調べてみたら害虫とか駆除のページがたくさんヒットして

驚きました。こんなに綺麗なのになぁ。


チョウ目,シャクガ科 エダシャク亜科

学名:Milionia basalis

キオビエダシャクの産卵。屋久島 yakushima




posted by パイン at 09:00| 鹿児島 ☀| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする