2018年10月20日

ムベの実

1017ムベ.jpg


1017ムベ02.jpg


ムベの実が庭のどこかに実っているはずと、

なんとなく探しつつも見つけられらなかったのですが、

地面に落ちていました!

つる性植物で、ドンドン伸びてゆき、木の上の方で実っていたのでしょう。

ムベの木の葉は、幼木のときは3枚、その後5枚、実が成る頃には7枚になるので、「七五三の縁起木」と言われているそうです。

また、「食べると長生きする」という言い伝えから

“不老長寿(不死)の実”といわれ、古代から昭和50年代まで皇室に献上されてきたとのこと。

(産経WEST 《“不老不死”の実「ムベ」 古代から皇室に献上された“伝説の果実”求め全国から人が絶えず…》より)

ムベ(郁子、野木瓜)
「むべ」という字は「くさかんむり」に「奥」
学名:Stauntonia hexaphylla
別名:トキワアケビ
アケビ科ムベ属の常緑つる性木本植物

味は、酸味とか香りはほとんどなく、シンプルに甘いです。

アケビのように勝手に実が割れないので、手で割って食べます。


posted by パイン at 09:00| 鹿児島 ☀| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする