2018年12月11日

猫が捕まえて来たシロハラ

1201鳥02.jpg


1201鳥シロハラ.jpg


1201鳥03.jpg


先日、うちのニャンコが捕まえて来たシロハラ。

部屋の中で飛び回り、鳥の羽が散乱。

猫がせっかく捕まえて来たのですが、

捕まえて逃しました。

少々怪我をしていましたが、

手の中での放心状態から回復したら、

元気に飛んでいきました。

猫には「鳥、捕まえて来てすごいね〜、偉いね〜、逃げちゃたねぇ(逃したんだけど、、、笑)」と

いっぱい褒めました。

シロハラは、冬の屋久島で、プリプリプリプリっと愛嬌のある声で鳴いている鳥です。




posted by パイン at 14:58| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月10日

どこにいてもできる地球の森を守る選択・森林認証の紙

1209calender.jpg


あちこちからカレンダーをいただく季節。

今日いただいて嬉しかったのは、森林認証のマークの入ったカレンダー。

毎日、いろんな紙を消費する生活をしていますが、

その紙はどこから来たのか?

どこかの国の森を使い捨てにしていないだろうか???

アマゾンの森がすごい勢いで伐採されているけれど、

知らないうちに加担していないだろうか?

と思っている時に友人から教えてもらった、

森林認証の紙。

1209FSC.jpg


ティッシュでもキッチンペーパーでも、屋久島のスーパーで普通に買えます。

ネピアが力を入れいるようで、ネピアのテッシュを買うようにしています。

これらの紙を買うことで地球の森林を守ることになるのなら、

簡単なことです

価格もそんなに変わりません。

参考リンク:森林保全と企業 http://www.env.go.jp/nature/shinrin/fpp/maintenance/new/cert.html

環境に配慮した持続可能な森林経営を行っている森林から伐採した木によって作られた紙を

使用する選択をすれば、自然を守ることができます。

屋久島の森など目に見える森林が伐採されていると、わかりやすいですが、

目の届かないどこか遠くの国の森が使い捨てにされている現実もあるようです。

消費者の選択が変われば、企業も変わる。

わたしも教えてもらうまで知らなかったことなので、

知って、選択することができればと思い、この記事を書きました。

自然があってこその人間。

森林がなくなれば、人間をはじめ、全ての生物は生きていくことができません。

この地球の美しい奇跡のような自然を守りたい!という気持ちがわたしには強くあります。

無駄遣いしないことはもちろんですが、普段の買い物の選択で森林認証の紙を

多くの人が選んでくれることを望みます。

ノートもKOKUYOなどから森林認証の紙を使用したノートがあります。

posted by パイン at 17:47| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月09日

森の中のキノコ。チシオタケ?

1207きのこ1579.jpg


1207きのこ6697.jpg


1207きのこ6675.jpg


森のあちこちで見かけたキノコです。

傷付いたものは、赤くなっていました。

名前に自信が無いのですが、チシオタケでしょうか?

1207変色きのこ1550.jpg


↑ピンボケですが、、、右のキノコ、傷付いて赤い液を出しています。

1207キノコ02_6654.jpg


1207キノコ026652.jpg


1207キノコ026653.jpg


こちらは同じ森で見かけた違うキノコ。

森の中での菌類の役割は大きく、小さな存在の大きな働きに思いを馳せます。

↓ こちらの本、森の中での木と菌類の協力関係、根っこを通してのコミュニケーションなど、

大変面白かったです。最近、文庫版も出ました。


樹木たちの知られざる生活.jpg


『樹木たちの知られざる生活 森林管理官が聴いた森の声 』
ペーター ヴォールレーベン (著), 長谷川 圭 (翻訳)

樹木はさまざまな手段を使って語り合い、助け合い、森の命を繋いでいるのだ。ドイツの森林管理官が、長年の経験と科学的裏付けをもとに語る、新しい森の姿。世界的ベストセラーを記録している、至高のネイチャー・ノンフィクション!

本を読む時間がなかなか取れない方は、iphoneなどの電子書籍、自動読み上げ機能がいいかもしれません。
友人が活用していて、家事をしながらドンドン本を読んで(聞いて)います。
耳が慣れてくると2倍速でも聞き取れると言っていました。

どうしても、まだ機械的な読み方で読み間違いも少しありますが、
これからドンドン進化してゆきそうです。






posted by パイン at 13:31| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月08日

ホオジロ

1129ホオジロを見るアンちゃん1329.jpg


猫の目線の先を辿ってみると、、、。

庭にやってきたホオジロ二羽。

1129ホオジロ1323.jpg



1129小鳥1328.jpg



なんでも生き物の気配は、いち早く猫が気付きますね。

ホオジロ(頬白、Emberiza cioides)

スズメ目ホオジロ科ホオジロ属

顔に黒白の模様があり、雌は黒い部分が褐色とのことなので、

1129_1325ホオジロ.jpg



葉っぱの上に乗っているのがオス。それを見ているのがメスっぽいですね。

一夫一婦で、一度ツガイになると死別するまで添い遂げるそうです。

また、傷付いたふりをして敵を惹きつけ、自分が守りたいものから遠ざける

偽証行為をヒナを守るためにする、愛情深い鳥。



春のさえずりは、

「一筆啓上仕り候」

「源平つつじ、茶つつじ」

「サッポロラーメン、味噌ラーメン」

などと聞こえるようですが、、、聞いた覚えがありません。

来春には注意して置こうと思います

posted by パイン at 18:55| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月07日

マガモとカルガモの食事風景

1206鴨1467.jpg


浅瀬の海で、マガモとカルガモが仲良くお食事中。

みんな水中に顔を突っ込んでいます^^

1206鴨1447.jpg


1206鴨1422.jpg



何を食べているんでしょう?

調べて見たら、、、

水ぎわの植物の葉やくきを食いちぎったり、根を掘りおこして食べるとのこと。

1206鴨1475.jpg



食事が終わったカモは、水上で毛繕い。


なんとも可愛らしくて、しばらく観察させていただきました。

1206マガモとカルガモ1.jpg


マガモはオスとメスの見分けがつきやすいですが、

カルガモは同じ色なので、見分けは難しいです。

冬鳥として屋久島にやってきています。

マガモとカルガモのお食事風景 屋久島 yakushima



マガモとカルガモの毛繕い 屋久島 yakushima




posted by パイン at 09:00| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月06日

海で泳ぐ

1206海.jpg


1206海02.jpg


1206海03.jpg


12月とは思えない暖かさ。

海岸を散歩している時に我慢できず、泳いじゃいました。

海に入った瞬間のス〜〜ッとする感覚がたまりません。

この感覚はなんなんでしょう。

海のエネルギーとわたしのエネルギーが循環しているような感じ。

本当に癒されます。

いろんな条件が吹っ飛んで、無条件に幸せな感覚を思い出しました。

“幸せになりたかったら、今、幸せを感じること。”

シンプルすぎて忘れてしまいがちですが、

自然と触れ合うと、思い出させてくれますね。



posted by パイン at 16:53| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月05日

小さな猛禽類ツミ(雀鷹)

1130ツミ1358.jpg


車を運転していたら、低空飛行で車の前を飛んでいた鳥。ツミだと思います。

近くの木に止まったので撮影。

日本で一番小さな猛禽類。

初めて見ました。

チョウゲンボウも小さいですが、それよりも小さいです。

屋久島で、トビ・チョウゲンボウ・ツミ・ハヤブサ・ミサゴ・ノスリ・サシバは見たことありますが、

ハチクマ・オオタカ・アカハラダカ・コチョウゲンボウは、まだ見たことがないと思います。(いつの間にか見ているかもしれませんが、、、)


渡り鳥、屋久島で休んでいく鳥、一年中屋久島にいる鳥。

まだまだ見分けや、名前を覚えられていませんが、ぼちぼち覚えていきます

【ツミ(雀鷹)】
Accipiter gularis
タカ目タカ科ハイタカ属



posted by パイン at 16:06| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月04日

ホーホケキョと鳴く季節外れのウグイス

10月にもウグイスのホーホケキョという鳴き声を聞いて驚いていたのですが、

先週、まだ、鳴いていました。びっくり😃

ウグイス鳴き声



季節外れにホーホケキョと鳴いているウグイスは、、、

メスに相手にされず自分の子孫を残せていないオスの鶯だと考えられているそうですが、

どうなんでしょうね。。。。

今日の屋久島は引き続き暖かく、蚊がブンブン飛んでいます。

全国的に温かいようですが、週末には寒さが来るのかな?

妙な気候ですが、みなさん、体調崩されないよう元気にお過ごしください!
posted by パイン at 16:38| 鹿児島 ☔| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月03日

小柄で可愛いマリリン

マリリン_0879.jpg


マリリン_0883.jpg


マリリン_0881.jpg


マリリン0884.jpg


マリリン_0880.jpg


12月に入りましたが、温かい日の続いている屋久島です。

写真は、Nさん宅のマリリンです♪

お姫様のように綺麗で品のあるマリリン。

ぴょこぴょこ跳ねように歩きます。

抱っこしようとしたら『いや〜〜〜』と拒否されましたが、

写真を撮っていると気になるらしく、カメラ目線も。

自分が可愛いことを知っていますね

幸せそうな猫を見るとこちらも幸せになります。

小柄で綺麗なマリリン。

これからも元気に楽しく過ごしてね〜。




posted by パイン at 16:50| 鹿児島 ☔| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月02日

ヤクシカ肉の加工センター(安房)

ジビエチラシ表.jpg


ジビエチラシ裏.jpg


近頃ジビエの肉が注目されています。
『屋久島ジビエ』というヤクシカ肉加工センターが安房にできました。

1130ジビエ外観.jpg


屋久島の森林を守るため増えすぎたシカが害獣駆除されて、そのほとんどが廃棄、埋設処分されていたものが加工センターでは有効活用されているといいます。
『害獣駆除』という言葉にも胸が痛みますが、
せめて、有効活用して人間が食べたいですね。
ヤクシカのお肉は、食べやすくて美味しいです。

ヤクシカの肉は高たんぱく低脂肪で、ヘルシーで栄養満点なお肉だそうです。
いろんな部位で味や触感が違います。
店頭販売しています。詳しくはホームページ(www.yakushimastyle.com)をご覧ください。
オンラインショップではシカ肉の扱いはありませんが、今後取り扱う予定です。
現在は、屋久島産のガジュツ(紫ウコン)・春ウコン・秋ウコンをはじめ、タンカンやポンカン、マンゴー、じゃがいもなど、自然と調和する島の恵みをたっぷり受けて育った農産物を中心に購入できます。

チラシ表
屋久島ではシカによる農作物被害、森林被害が増えています。
屋久島の森林を守るため、毎年5000頭もの鹿が害獣駆除されていますが、
一割程度の自家消費を除けば、ほとんどが破棄・埋設処理されています。
屋久島ジビエ加工センターでしゃ、この自然の恵みの有効利活用を確立させ、
屋久島の未来へ繋げていきたいと考えています。

シカ肉 
ヤクシカは屋久島の大自然のドングリや水を口にしているため、
本州のシカに比べても甘みが強く、とても美味しいと言われています。
脂肪分やコレステロールが少なく、たんぱく質、鉄分が豊富。
高たんぱく低脂肪。女性にも人気のヘルシーで栄養満点なお肉です。

【屋久島ジビエ加工センター】
2017年12月、株式会社屋久島スタイルと有限会社屋久島物産開発が協力し、
屋久島町安房に新しくジビエ肉処理施設を開設いたしました。
猟師の皆様のご尽力の元、捕獲後2時間以内に当センターにて食肉加工を
しております。
また、ツノや革、内臓や骨まで全ての部位を破棄することなく、活用してまいります。

(株)屋久島スタイル 屋久島ジビエ加工センター
鹿児島県熊毛郡屋久島町安房1287-4
TEL 0997-47-2560
公式サイトwww.yakushimastyle.com
twitter https://twitter.com/yakushima_pr
FBページ https://www.facebook.com/yakushimastyle/
nstagram
http://instagram.com/yakushimastyle



posted by パイン at 09:00| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする