2018年12月19日

口永良部島の噴火

1219火山灰_0079.jpg


1219火山灰_0248.jpg


きのうの夕方16時37分、口永良部島が爆発的噴火をしました。

風向きが屋久島方向だったため、屋久島安房でも降灰があり積もりました。

外に出ると、強い硫黄の匂いも。

口永良部島の噴火で火砕流が発生したのは2015年5月29日以来、約3年半ぶり。

2015年の時は、黒い噴煙?が流れて来ただけでしたが、

今回は灰もやって来ました。

口永良部にお住いの方は無事だったようですが、

これからも、どうか大きな被害が出ませんように。

午前中、屋久島島内の防災無線が流れていたのですが、

スピーカから遠いところにおり、よく聞こえませんでした。。。

なんて言ってたんだろう。

ちなみに、火山灰は,基本的には普段私達が目にしている砂塵とほぼ同じ物だと考えていいそうです。

火山灰への備え(宮城磯治(産総研・地質調査総合センター))より





posted by パイン at 15:35| 鹿児島 ☀| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする