2018年12月23日

ポインセチア

1219ポインセチア_0272.jpg


1219ポインセチア_0271.jpg


ポインセチア。

赤と緑のコントラストが鮮やかです。

赤い部分は苞(ほう)と言う葉が変化したもの。

真ん中に花が咲いています。

この花、たくさんのアヒルが歌っているように見えませんか?

見るたび、楽しい気持ちになります。

英名poinsettia、学名 Euphorbia pulcherrima

トウダイグサ科トウダイグサ属の常緑低木。

学術上の標準和名は猩猩木(ショウジョウボク)

全草に有毒成分ホルボールエステル類が含まれ、皮膚炎・水疱などを引き起こすそうです。

アメリカの外交官 J.R.Poinsett(ポインセット)がメキシコで発見し、

1829年(1825・28年の説もあり)に本国に持ち帰ったことから、

彼の名前にちなみ、1836年にラテン語で「ポインセチア(poinsettia)」と名付けられたそうです。

花言葉:「祝福する」「聖夜」「幸運を祈る」「私の心は燃えている」

1219ポインセチア_0269.jpg


1219ポインセチア_0270.jpg


屋久島のポインセチアはとっても大きいです!

人間の背丈を軽々越えます。

写真のものは、まだ小さい方かな。

もっと大きくなります。

ポインセチア_サントリープリンセチア1.jpg


こちらは、園芸店で買った、プリンセチアです。

2009年にサントリーフラワーズ株式会社より発表されたポインセチアの新しい品種です。

posted by パイン at 09:00| 鹿児島 ☀| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする