2019年01月20日

今日の夕方の空はフェスティバルでした

0120彩雲2625.jpg


0120彩雲2623.jpg


0120彩雲2607.jpg


0120夕日2605.jpg


今日の夕方の空は素晴らしく美しかったです!!

彩雲に、幻日に、裏後光!

どうなってるの!!!!!

と思うくらいの美しい世界。

地球は本当に美しいですね。

この感動を、どこに伝えればいいのか、身悶えます。

私は絵を描いて伝えます!

屋久島、地球は本当に美しいところです。

この自然がずっと残っていて欲しいです。

人間は自然を破壊するけど、守ることもできる。

この美しい自然を残したいという気持ちは、日に日に強くなります😊

0120裏後光2660.jpg


反薄明光線(はんはくめいこうせん、英:anticrepuscular rays)は、太陽が雲に隠れているとき、雲の切れ間あるいは端から光が漏れ、太陽と正反対の方向に光線の柱(光芒)が放射状に収束して見える現象。太陽の周囲にできる薄明光線とは逆。裏後光(うらごこう)、裏御光(うらごこう)とも呼ぶ。
 (wikipedeiaより)


posted by パイン at 23:31| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする