2019年01月22日

園芸種のカンナの原種のひとつ。ダンドク。

0122ダンドク2689.jpg


0122ダンドク2688.jpg


0122ダンドク2687.jpg


園芸種のカンナの原種のひとつ。ダンドク。

屋久島では野生化しており、

当たり前に目にします。

和名の「ダンドク」は、

本種がインド・中国を経て渡来したことから、

釈迦が修行をしたことで知られる檀特山の名に因んでいるそうです。
GKZ植物事典より)

檀特山(だんどくせん):サンスクリット語ダンダカ dandaka の音写。
弾多落迦(だんだらか)とも写す。ガンダーラ(現パキスタン西北部)にある山。
釈尊の前身であった須大拏(しゅたぬ)太子が菩薩の行を修した所だそうです。

生命力が強いようで、ありこちで見かけます。



posted by パイン at 20:30| 鹿児島 ☀| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする