2019年04月09日

カヤツリグサ?

0326花の名前7430.jpg


0326花の名前7431.jpg


見慣れない花が茂っていました。

なんだろう?

と調べて見ると、カヤツリグサ(蚊帳吊草)っぽい。

カヤツリグサもいろんな種類があって、

正確な名前がわからないのです。

茎(くき)が丸ではなく、三角形をしているのが特徴。

【カヤツリグサ科雑草】農業技術事典より。
科名であるカヤツリグサの名前の由来は「蚊帳吊草」、すなわち茎を引き裂いてできる四角形を蚊帳にみたてたことによる。

茎を引き裂いてできる四角形ってなんのことだろう?

と調べてみたら、以下のページに写真がありました。

名前に納得! その3  「カヤツリグサ」

カヤツリグサ】遊びイラスト

へぇ。知りませんでした。

自然は、知れば知るほど、謎が深まって、本当に面白いです!




posted by パイン at 09:15| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月08日

花祭り◎MOSS OCEAN HOUSEにて惑星寿司

0408惑星寿司058.jpg


快晴の屋久島。


モスオーシャンハウスで、花祭りを祝う、惑星寿司ランチがありました。

もう、悶絶。

美味しすぎて、気絶するかと思いました。

すごいです。定期的に開催はされていませんが、

時々、開催されます。惑星寿司。

今の季節の野菜たっぷり。本当に美味しくて、幸せな時間でした。

モスオーシャンハウスで料理人をされている冨山さんの手によるものです。

0408惑星寿司108.jpg


0408惑星寿司0103.jpg



0408惑星寿司091.jpg


0408惑星寿司075.jpg


0408惑星寿司089.jpg



0408惑星寿司070.jpg


惑星寿司は、冨山美希さん作。


0408惑星寿司067.jpg


野の花のブーケの箸置き フラワーアーティスト 宮田純子さんの作品。


0408惑星寿司094.jpg



ハマダイコンの花と、ウマノアシガタの花。とっても素敵に活けられていました!

0408惑星寿司0117.jpg



ライヤー演奏は、宮田美岳さん

0408惑星寿司095.jpg


この三人はチームで結婚式などのお手伝いされています。

冨山さんはヘアメイクもプロなんです。


0408惑星寿司111.jpg


惑星寿司のメニューの絵は私が描かせていただきました。

本当に美味しく幸せで、五感が開いた時間でした。

ありがとう〜〜。


posted by パイン at 19:16| 鹿児島 ☀| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月07日

シャリンバイ(車輪梅)の花

0404車輪梅045.jpg


0404車輪梅046.jpg


0404車輪梅044.jpg



海岸沿いの車輪梅の花が咲いていました。

花が梅に似ていて、枝を輪状に伸ばすので【車輪梅】という名前。

奄美ではテーチ木と呼ばれ泥染めに使われていますね。

材と根をグツグツ煎じたものが大島紬の染色剤となるそうです。

屋久島でも、車輪梅はあちこちで普通に見られます。

よく木の中に小鳥がいるので、居心地が良いのでしょうね。

【シャリンバイ(車輪梅)】

学名:Rhaphiolepis umbellata
英名:Yeddo hawthorn
バラ科シャリンバイ属
常緑低木

[名前の由来]
車輪梅。花が梅に似ており、枝を輪状に伸ばすことから。
別名、タチシャリンバイ、ハマモッコク、マルバシャリンバイ。

posted by パイン at 09:33| 鹿児島 🌁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月06日

海辺で書く

0406海052.jpg


0406海051.jpg


0406海053.jpg


久しぶりの暖かい日。

昨日までは、ちょっと寒かったです。

今日は、海辺で書き物をしました。

家の中とは違って、

波の音を聴きながら、、、。天然のBGM最高です。

そして、誰も来ないので、じっくりのんびりしながら書けます。

休憩するときは、裸足になって海の中へ。

良い時間でした。

自然のなかで、書き物は進みました。



カモさんも、まだいました。

0406海カモ057.jpg




posted by パイン at 23:19| 鹿児島 | Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月05日

茶畑の新芽

0404お茶畑新芽034.jpg


0404お茶畑新芽035.jpg


0404お茶畑新芽036.jpg


屋久島に観光に来られた方が、驚かれることの多い

屋久島の茶畑。

あちこちに広がっています。

九州の茶畑などは、「防霜ファン」という霜害から守るための

大きな風車のようなものが設置されていますが、

屋久島の茶畑には必要ないようで、ありません。

無農薬栽培されているところもあり、

屋久島のおみやげ屋さんなどで、

屋久島産の紅茶やお茶が購入できます。

ちょうど、一番茶収穫の季節です。

屋久島は本格的な緑茶栽培の南限地です。


参考記事
神秘の島、東洋のガラパゴス「屋久島」のお茶はどんな味?
https://ima.goo.ne.jp/column/article/3077.html


posted by パイン at 18:39| 鹿児島 ☔| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月04日

新緑の反響するイソヒヨドリの鳴き声

0404安房川新緑040.jpg



0404安房川新緑039.jpg



0404安房川新緑038.jpg


屋久島安房川。新緑の谷に、

イソヒヨドリの声が響き渡っていて、ここは天国かと思いました。

本当に美しい新緑。

反響するイソヒヨドリの鳴き声。

今の季節の屋久島はスペシャルです。

安房川の新緑とイソヒヨドリの声 屋久島 yakushima





posted by パイン at 15:34| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月03日

ボタンボウフウ(長命草)のジェノベーゼ

0403ジェノベーゼ7290.jpg


以前から、一度作りたいと思っていた、

ボタンボウフウのジェノベーゼソース。

作りました!

レシピはこちらを参照しました。
「365日レシピNo.326「長命草でジェノベーゼソース」
http://www.recipe-blog.jp/profile/13918/blog/16460037

アーモンドがなかったので、ニンニクとオリーブオイルと長命草とお塩。メインで。

十分に美味しかったです!

パスタに絡めて、いただきました。

これは、、、、絶品です。

春のパスタ、ごちそうさまでした😊


ボタンボウフウはさまざまな美容効果が期待できるそうで、

資生堂などが、栄養ドリンクなどに、商品化しています。

屋久島では、海岸沿いで年中見られますが、

やっぱり、今の季節の新芽が美味しいです!






posted by パイン at 18:58| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月02日

赤土染めの手ぬぐい

000手ぬぐいまとめ20190317_blog.jpg


今年の冬が暖かかったせいか、

ここ数日の冷え込みに震えています。

それでも、水の温度は少し緩んできたので、

ちょっとずつ手ぬぐいを染めました。

とても良い色!!

大地の色です。

試行錯誤して、やっと安定して染められるそうになりました。

絞り染めの模様って、水の波紋に似ている気がします。

赤土は人類最古の染色と言われていて、

ネアンデルタール人の埋葬された骨が赤土で彩色されていたそうです。

屋久島に住んでいた縄文人も赤土で染めていたのかな?

と思うと、想像は膨らみます。


posted by パイン at 19:14| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月01日

森のようちえん-aperuy-

021森のようちえん7249.jpg


021森のようちえん7246.jpg


021森のようちえん7248.jpg


0321森のようちえん7244.jpg


021森のようちえん7245.jpg


先日、森のようちえんを見学してきました。

東京から屋久島に遊びにきていた友人が、

長年保育園の園長先生をしていて、それを引退し、

野育」の活動をしているので、

一緒に見学に行きました。

「野育(のいく)」 とは、園庭や公園、地域や自然環境などという屋外空間において、

子どもたちが、ものやひとの様々な出会いを通して、自ら育っていくことです。


雨だったので、室内でみんな元気よく遊んでいました。

普通の幼稚園と、森の幼稚園を掛け持ちで入っている方も珍しくないそう。

森のようちえんが大切にしていることは、

自然の中で一日を過ごすということと、意図的に大人の考えを強要せず、

子どもが持っている感覚や感性を信じて引き出すようなかかわり方を大切にしていることです。


のびのび楽しそうに遊んでいる子どもたちを見るのは、

幸せですね。


【森のようちえん】

HP:https://aperuy.com/wald-kindergarten/

FB:https://www.facebook.com/groups/1618674155109614/

〒891-4311 鹿児島県熊毛郡屋久島町安房2480-28
TEL.080-8357-3308 or 080-8588-5288


posted by パイン at 20:14| 鹿児島 ☀| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする