2019年05月20日

シッポゴケ(尻尾苔)


日本に存在する約1600種のうち、

600種ものコケが屋久島に生育していると言われています。

雨上がりの森は、生き生きした苔で、

一層、緑の輝きが増しています。

600種、全部紹介するのは、難しいかもしれませんが、

少しずつ、紹介してゆきます。

私も調べつつ覚えながら(笑)


コケに誘われコケ入門.jpg


新訂版 コケに誘われコケ入門
文一総合出版

こちらの本などを参考にします。


01しっぽコケ7128.jpg


01しっぽコケ7129.jpg


01しっぽコケ7127.jpg


01しっぽコケ7131.jpg


今日は、シッポ苔。

群生してふんわりした苔の山を作っています。

乾燥しているときは、葉っぱがあちこち向いて、

茎がよく見えます。

写真は、雨上がり、プルプルの状態。

森の中で重要な役割を持っている小さな植物。苔。

美しいです!

【シッポゴケ(尻尾苔)】
学名:dicranum japonicum
セン類シッポゴケ科
雌雄異株


posted by パイン at 09:00| 鹿児島 🌁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする