2019年06月01日

栗生の恵比寿さま

03栗生の海7414.jpg


栗生海水浴場の綺麗な海!!

そういえば、栗生の恵比寿さまを見たことがないな。。。

と看板を頼りに探してみました。

屋久島では、各集落にそれぞれの恵比寿さまが祀られています。



03栗生の恵比寿さま7417.jpg


03栗生の恵比寿さま7426.jpg


03栗生の恵比寿さま7424.jpg


祠が2つ。

左には恵比寿さま。

03栗生の恵比寿さま7423.jpg


03栗生の恵比寿さま7421.jpg


右には、石。

屋久島、もっと知りたい人と暮らし編
著者: 下野敏見

栗生の恵比寿さま.jpg


こちらの本を参考にすると、、、

向かって左がえびす。右が浜の神。
平成九年に栗生川の対岸、塚崎にアタのを漁師たちが移転。
高さ38cmの大黒
37cmのえびす(釣竿を持っている)
36.5cmのえびす
26.5cmの大黒
の4体。

昔、羽生平兵衛がイサバ船(商船)で鹿児島へ交易に行ったとき、シケに会い、
やっとの事でお硫黄島に流れ着いて命拾いした。
これは、島にまつる、安徳天皇のおかげと思い
その木像と30cmの木刀を祀っていたが、昭和30年代に盗まれたそう。

石の横に
27cmほどの陶製のえびす像。
あごひげを生やした翁が大きな鯛を左脇に抱え立っているという珍しい像。
天草の牛深から購入。


ということです。

右の、陶製のえびすは、石に気を取られて気付きませんでした。

今度、行くことがあったら、再度、確かめます。

それぞれの集落で、個性があって、

新鮮な驚きがあります。




posted by パイン at 09:00| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする