2019年06月04日

スダジイの蘖(ひこばえ)

03スダジイのひこばえ7365.jpg


03スダジイのひこばえ7364.jpg


03スダジイのひこばえ7360.jpg


03スダジイのひこばえ7367.jpg


森の中、

スダジイの木が、何本も一箇所に集中して大きくなっていました。

合体しているかのよう。

根っこが繋がっています。

スダジイの切り株から生えた、『ひこばえ』が、

条件が整って、多く一緒に大きく育ったようです。

双子とか、五つ子ちゃんとか、そんな感じでしょうか。

根っこでコミュニケーションしているという説もある、木。

このスダジイたちは、密接にコミュニケーションしていそうです。

このまま、順調に全部大きくなるのかな。

森の中の静かだけど、ダイナミックな生命の営み。

たくさんの物語があって、本を読むように楽しいです。

蘖(ひこばえ、ベーサルシュート、英語:Basal shoot)とは、
樹木の切り株や根元から生えてくる若芽のこと。
太い幹に対して、孫(ひこ)に見立てて「ひこばえ(孫生え)」という。


Wikipediaより


posted by パイン at 09:00| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする