2019年06月05日

中間の恵比寿さま

03中間えびす7403.jpg


03中間えびす7400.jpg


03中間えびす7404.jpg


03中間えびす7401.jpg


03中間えびす7402.jpg


中間集落のエビスさまです。

屋久杉でしょうか?

中間集落は巨大なガジュマルが名所ですが、

このエビスさまも、味わいがあります。

屋久島には、39箇所、エビスさまが祀られているそうです。

豊漁をもたらしてくれる神。

港近くに祀られているものは、浜エビス。

村の中に祀られているものは、村エビス。

町の中に祀られているものは、町エビス。

エビス信仰は、兵庫県西宮市が発祥と言われており、

南下。トカラ列島が南限。奄美・沖縄には非常に少ないとのこと。

えびす様は本来、海の彼方からやってくる『夷』
@えびす。(ア)未開の異民族。(ウ)七福神の一人。恵比寿。 etc.....
漢字ぺディアより)

魚をおびき寄せるマナの力を持つ外来神。

元は海中の石を祀っていたそう(七福神の前の段階の海石)

マナ(mana)とは、、、、、
太平洋の島嶼で見られる原始的な宗教において、神秘的な力の源とされる概念。(wikipediaより)


調べれば、調べるほど、新しい興味が出て来て、尽きません。

自然と人間。見えるものと見えないもの。

いろんなものが混ざり合ってできている人間の生活。

興味深いです。


参考資料

栗生の恵比寿さま.jpg


屋久島、もっと知りたい人と暮らし編
著者: 下野敏見


posted by パイン at 09:00| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする