2019年07月16日

Otonalaboミニ講座「知床の野生と知られざる古代民族」

0715知床オホーツク人.jpg


昨晩は、Otonalaboミニ講座「知床の野生と知られざる古代民族」を

聞いて来ました。

※チラシの写真は重要文化財に指定された「熊頭注口木製槽」。伏せた状態。
右端にヒグマの頭部が彫刻され、縁にシャチの背びれが刻まれている(羅臼町郷土資料館提供)

チラシより。

北海道の先住民として知られるアイヌ民族ですが、

その文化の前史といわれる「オホーツク文化」を知っていますか?
アイヌの人々は、キムンカムイ(=山の神、ヒグマ)など、 野生動物を神として崇め、
畏敬の念を抱いていました。
その精神は、オホーツク文化期の 人々の中にも息づいていたと考えられています。
オホーツク文化、その知られざる人々の暮らしや精神を切り口に、同じ世界自然遺産である知床について学んでみませんか。


オホーツク文化、初めて聞きました。

火災が起きて、燻されて炭化したの現在も残っている、木製の容器や

魚の骨、動物の骨を使った道具の写真など、とても興味深かったです。

アイヌ文化は、全ての動物が神様という考え方ですが、

それ以前のオホーツク文化では、神様の動物と、

神様でない動物がいて、その違いは、強い動物は神様。

という話も興味深かったです。

また、オホーツク文化は、弥生時代がなく、縄文時代がずっと続いていたとのこと。


シャチやアシカ、ヒグマにオオワシ、クジラ。

北海道の生き物たちに、いつか会いに行きたいです。



posted by パイン at 13:16| 鹿児島 🌁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする