2019年08月18日

夜に咲くカラスウリ

0812カラスウリ7894.jpg


0812カラスウリ7897.jpg


0812カラスウリ7896.jpg


0812カラスウリ7895.jpg


朝日が昇る頃には、

しぼみ始めているカラスウリの花。

繊細なレースのような花です。

昨日の、夜中に見てみたら、綺麗に咲いていました。



年々、庭で増えています。

木の上の方まで、蔓で昇り、

空に向かい、花を咲かせています。

虫たちにとってはご馳走のようで、

蜂や蝶などが、食事をしています。

【カラスウリ】
学名:Trichosanthes cucumeroides
ウリ科カラスウリ属
つる性 多年草
漢方では、根を通経・利尿剤に、種子を鎮咳剤に用いる。
雌雄異株。
一つの株には雄花か雌花かのいずれかのみがつく。
みんなの花図鑑より)


0925カラスウリf.jpg


これは、数年前に砂鉄の上に描いた、

カラスウリの花。

夜に咲く、カラスウリにぴったりの背景です。



銀河鉄道の夜にも登場するのです。

「草の中には、ピカピカ青びかりを出す小さな虫もいて、ある葉は青くすかし出され、ジョバンニは、さっきみんなの持って行った烏瓜(からすうり)のあかりのようだとも思いました。」(宮沢賢治『銀河鉄道の夜(五、天気輪の柱)』より)


tenki.jpより
https://tenki.jp/suppl/kous4/2016/08/29/15121.html


posted by パイン at 10:22| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする