2019年08月29日

ヤナギバルイラソウ・紫伊勢花火の花

08ムラサキイセハナビ_3005.jpg


08ムラサキイセハナビ_3006.jpg


道路脇などで、よく見かける紫の花。

ずっと前から、なんの花だろうと思いつつ、

調べないままでしたが、やっと調べました。

ヤナギバルイラソウ(柳葉ルイラ草)

メキシコ原産。

朝に咲いた花が夕方には落ちる一日花。

生命力が強いようで、あちこちで群生しています。

いつも花が咲いているイメージだったので、

一日花と知り、驚きました。

次々に咲くんですね。

群生して咲いている様子は美しくて、目が留まります。

【ヤナギバルイラソウ(柳葉ルイラ草)】
学名:Ruellia brittoniana
キツネノマゴ科 ルイラソウ属
別名:ムラサキイセハナビ (紫伊勢花火)
   ルエリア・スクアローサ 、コモン・ルエリア(Common ruellia)


posted by パイン at 17:11| 鹿児島 ☔| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする