2019年09月04日

夕方の海。魚の背びれ。

0901夕方の海3487.jpg


0901y夕方の海  3488.jpg


夕方の海 魚 屋久島 yakushima



家にこもって、創作をしていると、

海や山が恋しくなります。

夕方の海へ少しだけ。

浅瀬に集まった魚たちの背びれがたくさん見えていました。

何の魚でしょう?



冬の間はよく会っていた、

ハヤブサやミサゴ。

夏は全然見かけません。

どこか、旅に出ているのかな。屋久島の野鳥の本には、留鳥と書かれているのですが、

夏の海岸では、見かけません。


もう少ししたら、11月には、サシバの渡り、

猛禽類たちで賑やかになります。


同じ海岸を散歩していると、

地形の変化、生き物の変化、植物の変化、色々一年を巡る変化と、

もっと大きな変化。もっと小さな変化も感じることができて

飽きることがありません。

変化することは自然なことですね。




posted by パイン at 15:54| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする