2019年09月19日

月下美人の葉っぱ。面白い殖え方。

0919月下美人葉っぱ03501.jpg


0919月下美人葉っぱ3499.jpg


0919月下美人葉っぱ3500.jpg



庭の月下美人。

一度、蕾をつけましたが、咲くことはありませんでした。。。

葉っぱから葉っぱ。

面白い殖え方をするんですね!

親の葉と、子の葉。

日本に古くからある月下美人の株は、

1つの株から増やされているクローンだとのこと。

しかし、近年は交配された園芸種が増え、

バリエーション豊富なようです。


クローンと言えば、同じくクローンで増やされた

バナナの病気が話題ですね。

今食卓に流通しているバナナは種(タネ)がないので、

クローンで増やすしかなく、驚異的な病気が流行したら、

一気に広がる可能性が高いとのこと。

参考;live door news
食卓から黄色いバナナが消える? 猛威をふるう「新パナマ病」とは…

安定して、同じ品質の果物を生産できて、それをいただけるのは、ありがたいですが、

弱点もありますね。

多種多様性について思いをはせます。

人間も、植物も、果物も、いろんな種類が共存していることによって

生命を繋いでいるのでしょうね。




posted by パイン at 09:52| 鹿児島 🌁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする