2020年02月29日

二羽のミサゴ

0224ミサゴ千尋の滝6172.jpg


0224ミサゴ千尋の滝6176.jpg


0224ミサゴ千尋の滝6171.jpg


広々とした山々の間を悠々と飛ぶミサゴ(だと思います😀お腹が白いので、、、)

海岸でもよく見かける鳥です。

急降下して魚を捕獲しようとする様子も見られますが、

その時の風の音がすごくて、驚いた記憶があります。

0224ミサゴ千尋の滝6175.jpg


遠かったのと飛行速度が早いので望遠で勘で撮影。

途中2羽になり、木の枝で少し休憩したかと思ったら

また飛び立っていました。

こう言った大きな鳥の巣って見たことがないですが、

こういう所にあるのかな。

それにしても、見ているだけで気持ちよくなる

のびのびとした滑空でした。






posted by パイン at 14:46| 鹿児島 ☔| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月28日

屋久島環境文化研修センターの図書室

02研修センター6029.jpg



屋久島に関連する本で、調べたいことが会ったので、

屋久島環境文化研修センターの図書室を、初めて利用しました。

受付窓口でライブラリー利用簿に記入すれば無料で利用できます。

本の貸し出しやコピーはできませんが、

見たことのない本などもあり、じっくり過ごしました。

02研修センター6227.jpg


02研修センター06228.jpg


映像ライブラリーも。

懐かしのVHSにテレビデオ!

英語で屋久島を紹介しているビデオもありました。

屋久島のことも自然のことも、まだまだ知らないことだらけ。

好奇心は尽きません。

【屋久島環境文化研修センター】
http://www.yakushima.or.jp/static/learning.php

9:00〜17:00(宿泊者以外)
TEL. 0997-46-2900 FAX.0997-49-7015
〒891-4311 鹿児島県熊毛郡屋久島町安房2739-343

館内では無料Wi-Fi(Free Wi-Fi)ご利用いただけます。

posted by パイン at 15:02| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月27日

小さなスミレ

0224チイサナスミレ06565.jpg


0224小さなスミレ6564.jpg


よく見かけるタチツボスミレとは違う種類のスミレを発見。

タチツボスミレより随分小ぶりで白いです。

ヒカゲスミレかな?

スミレ科の植物図鑑 最新版(岐阜聖徳学園大学サイト)より

日本には55種類ものスミレがあるとのこと。

そんなに種類があるんですね!

日本すみれ研究会というページもありました。

屋久島には何種類くらいあるんでしょう。

今度からスミレを見かけたときは、もっと注意深く見てみようと思います😊


posted by パイン at 19:53| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月26日

キケマン(黄華鬘) 海岸の花。

0223キケマン黄色い花06606.jpg


0223キケマン黄色い花06607.jpg


0223キケマン06614.jpg



海岸に咲いていたキケマンの花。毒草です。

海岸も、いろんな花が咲き始め、賑やか。

世界に400種以上が生育。ユーラシア、特に中国に多く分布。

日本では20種近くが確認されているそう。


0223キケマン黄色い花6609.jpg


ツートンのサヤ。

日光のあたり具合で色が違うのかな?


屋久島、まだまだ行ったことのない海岸も多く

この写真の海岸も初めて行きました。

いつも行く海岸とは、岩も植物も違っていて、

新鮮です。


posted by パイン at 10:27| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月25日

ツワブキのおいしい季節

0224ツワブキ新芽6603.jpg



冬の間、鮮やかな可愛い黄色で

あちらもこちらも華やかに飾ってくれていたツワブキ。

花の季節から、新芽の季節へ。

新芽を集めながら歩いている人も見かけることがお送りました😊

もしゃもしゃ毛の生えている新芽をいただきます。

じゃがいもとひき肉を一緒に煮ていただきました。

0224ツワブキ6656.jpg


美味しかった〜〜〜。

春の芽吹きのパワー。

ありがとう〜。


posted by パイン at 10:45| 鹿児島 ☀| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月24日

千尋の滝の桜 間も無く満開

0224桜06560.jpg


0224桜_8438.jpg


0224桜_5326.jpg


千尋の滝の桜が間も無く満開です。(暖流という品種)

桜の木の下に立つと、

ミツバチの羽音に包まれて、

なんとも幸せな気持ち。

たくさんのメジロも木々の間を飛び交い、

ヒヨドリも、みんな幸せそう。


0224桜根っこ6577.jpg


根っこが素晴らしい。

0224桜とヒヨドリ6154.jpg


ヒヨドリ

0224桜とミツバチ6158.jpg


ミツバチ

0224桜とメジロ6163.jpg


メジロ

0224桜6571.jpg


自然って、、、ケチとは程遠いですよね。

精一杯ケチる事なく、花を咲かせて、

生命の輪の中で、巡り巡っている。

毎日、新しい感動と驚き。

地球ってすごいですね。


桜とメジロ




posted by パイン at 13:21| 鹿児島 ☀| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月23日

待宵草

0222待宵草06507.jpg


0222待宵草06510.jpg


0222待宵草06512.jpg


0222オオマツヨイグサ [大待宵草]06511.jpg


夕方に開き始め、夜間に咲き、朝しぼむという待宵草。

・コマツヨイグサ


・オオマツヨイグサ


・マツヨイグサ


・メマツヨイグサ

といくつか種類があるのですが、写真のものは、コマツヨイグサ?でしょうか。

(参照ページmirusiru.jpマツヨイグサ

夕暮れ、太陽が山の向こうに沈んでゆくころ、

優しい黄色の花を咲かせはじめ、元気な黄色いうよりは、幻想的な黄色というイメージ。

この花を見ると、竹久夢二の宵待草。そして、竹久夢二のイラストの女性が頭に浮かんできます😊

夕暮れ、海岸、竹久夢二。







posted by パイン at 10:23| 鹿児島 ☀| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月22日

ニャンコとハンモック

0222ハンモック_4274.jpg


寒さも和らぎ、きのう、きょうと比較的暖かく穏やかです。

久しぶりにハンモック。

アンちゃんも呼ばなくてもやってきて、

嬉しそうにゆらゆらしています。

気持ちいいね〜。

0222ハンモック_2269.jpg


0222ハンモック_0571.jpg


濁りのない、綺麗なアンちゃんの瞳に映る、

木々や鳥たち。

0222ハンモック_4372.jpg


自然って、本当に豊か。

その中にでゆらゆらできて、最高です。

そして、遅れてやってきた白猫フュージョンくん。

アンちゃん「ここは私の場所よ」とパンチ。

諦めて帰りました(笑)アンちゃん、強いです。

ハンモック アンとフュージョン 屋久島 yakushima





posted by パイン at 16:25| 鹿児島 🌁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月21日

咲き始めた、イワタイゲキ(岩大戟)の花。

0221イワタイゲキ6520.jpg


海岸にイワタイゲキの花が咲き始めました。好きな花です。

美しく広がる葉っぱの形。

赤から緑のグラデーション。

小さな花が集まって、大きな一つの花のよう。

万華鏡のような美しさです。

0221イワタイゲキ06516.jpg


0221イワタイゲキ6517.jpg


地下茎が発達しており、岩の間に根をしっかりと張っているそう。

厳しい環境の方が大きく成長するそう。

花のように見えるのは輪生した黄色い苞葉。

花は苞葉に包まれて、小さく真ん中に咲いています。

0221イワタイゲキ06494.jpg


たくましく成長して、毎年、春の始まりを知らせてくれる花です。





posted by パイン at 19:50| 鹿児島 ☀| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月20日

「屋久島和紙」研究会の展覧会 【如月の柳絮展】14

0218和紙展示06434.jpg


0218和紙展示06430.jpg


今年も始まりました。

如月の柳絮展。

今年で14回目。つまり14年目!

私は、途中からの参加ですが、こうやって続けて参加させていただけで嬉しいです!

今回は、ポルトガルのAndré との共作で、新しいクリエーションに挑戦しました。7点出品しています。



おさないたかし さんの手作り絵の具の絵画、今回も濃い。

0218和紙展示6427.jpg


また、タイトルと合わせて見ることで、世界に深みが増します。

0218和紙展示6408.jpg


絵画、コラージュ、書、それぞれの世界が和紙上で生まれています。

薄墨で書かれた「SKY」という文字が胸に響きました。

その作品が生まれた背景を聞くと、なるほど、、、。と。


ぜひ、生で作品を感じてください。


※柳絮とは柳の綿毛。薛濤(せっとう)という詩人が詩に読んでいる言葉。

有名な春の季語。薛濤は芙蓉の繊維などを用いて自分で漉いた和紙に詩を書いていたそうです。


「屋久島和紙」研究会の展覧会
【如月の柳絮展】14
期間:2/18-3/19 9:00−17:00 月曜休館
場所:宮之浦屋久島環境文化村センター 交流ホール
入場無料


posted by パイン at 10:52| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする