2020年08月07日

やくしま幸せのしっぽ  TNR活動


0807shimaneko_green.jpg


0807shimaneko_pink.jpg




私は、猫、大好きです。

避妊・去勢手術するのは、かわいそう。って思うかたもいらっしゃるかもしれませんが、

どんどん出産する野良猫。目や耳を覆いたくなるような、子猫の悲惨な状況、

大切な命なのに、ひどい捨て方をされてしまう現実もあります。それらを改善するには、

猫の為にも、人間の為にもTNR活動はとても大切だと思います。

屋久島の猫もみんな幸せに暮らせますように。。。



その活動をしてくださっている、『幸せのしっぽ』さんのご紹介(=^x^=)

『幸せのしっぽ』は島で暮らす猫たちの命を大切にされず、

あまりにも悲しい状況に耐えかね、 島内在住の有志5名により

2019年2月に立ち上げられた個人の団体です。  

2019年10月には初の屋久島『TNR』活動が実現。

-------------

0807YNR.jpg


TNR活動とは  

TRAP  捕獲して

NEUTER 去勢・避妊手術して

RETURN 元の縄張りに戻す

活動です。

-------------

現在、 「一頭でも多くの命が救われますように」という 同じ思いの仲間と

『犬猫と共生できる社会をめざす会』杉木 会長

『ル・オーナペットクリニック』 浜崎 院長

の多大な協力により、

毎月約80頭の避妊・去勢手術が可能になりました。  

活動には島民による当日ボランティアさんも、たくさん参加!  

屋久島のTNR活動に賛同してくださる 島内外の方々のご協力により、

人と動物、自然が仲良く心地よく暮らしていける 屋久島作りの輪が広がっていっています。



yakushimashiawasenoshippo@gmail.com

HP http://shiawasenoshippo.wixsite.com/shiawasenoshippo


FBページ やくしま幸せのしっぽ


パンフレット外面0711.jpg


パンフレット中面0711.jpg




※外で暮らす猫の寿命は平均3.4年ととても短く、過酷なニャン生を毎日必死で生きています。
TNRはすぐに目の前から猫がいなくなるものではありませんが、
続けていれば必ず結果が表れます。
一代限りの小さな命に残された短い時間を優しく見守ってあげることはできないでしょうか?

※『やくしま幸せのしっぽ』は無償で働くボランティアであり、各々仕事を休んで活動しています。猫たちの手術には当然お金がかかります。この活動の収入源はありません。移動費や物資の購入も一匹でも多くの猫に募金が使えるようにほとんど自費で行なっています。
「やくしま幸せのしっぽ」への活動募金については随時受付しています。





posted by パイン at 07:55| 鹿児島 ☀| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする