2020年08月08日

網の目状になって少しづつ移動。黄色い粘菌(変形菌)。

0805粘菌6-58_9622.jpg


↑朝、7:00ごろ黄色い粘菌を発見。

ススホコリ?でしょうか。

「これは、少しずつ移動するやつだ!」と

変化を楽しみに観察しました。

0804粘菌8-47_9604.jpg


↑9:00ごろ

0804粘菌12-43_9606.jpg


0804粘菌14-44_9608.jpg


↑13:00ごろ

0804粘菌14-279609.jpg


↑14:30ごろ


0805粘菌6-58_9623.jpg


翌日の朝には、↑このような姿に。



粘菌といえば、関東地方の地図を模した培養容器を作り、

主要な駅に餌を配置して、粘菌の成長経路の実験をしたところ、

現実の路線図にも匹敵するような、非常に効率的かつ、アクシデントに対する強さをもった経路ができたという話を思い出します。


参照:
粘菌の輸送ネットワークから都市構造の設計理論を構築
粘菌とは何か?菌類と動物の能力をあわせ持つ生物としての粘菌と、多数の核を持った一つの細胞から形成される変形体の構造

粘菌、すごく魅力的な存在。もっと知りたいです。



posted by パイン at 09:00| 鹿児島 🌁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする