2020年09月28日

森の中はツチトリモチの季節

0927ツチトリモチ0214.jpg


0927ツチトリモチ00211.jpg


0927ツチトリモチ00213.jpg


0927ツチトリモチ0212.jpg


森の中。

真っ赤なツチトリモチ(別名:山寺坊主)がたくさん顔を出していました。

キノコのようですが、種子を作る植物。

葉緑素がなくハイノキ科の根に完全寄生生活。寄生主の根を体内に引き込んで栄養を吸収。

雌雄異株だけど、雄株は発見されたことがないというツチトリモチ。

昔は塊茎をすりつぶし「鳥もち」を作ったそうです。

花や実は、赤色のつぶつぶ。棍体(棍棒状の器官:小棍体とも)に覆われて

ほぼ見ることは具可能。


落ち葉の下の、土の中で繰り広げられているネットワーク、

見てみたい!!


季節になると、こうやってネットワークのの一端を見せてくれます😊




posted by パイン at 09:33| 鹿児島 ☀| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする