2020年10月14日

安房城。発掘作業。

1013安房城発掘8193.jpg


1013安房城発掘8197.jpg


安房川側の安房城跡。

去年に引き続き、発掘中です。

屋久島町教育委員会のHさん指揮。

考古学を専門に学ばれて、屋久島に来て三年目とのこと。

考古学専門の方が屋久島に来てくださって嬉しいです!


安房城は12-13世紀のものと見られており、

去年の発掘作業では、中国の陶磁器や、

徳之島独特のカムィヤキの器のかけらも見つかっているそう。

いずれも完璧な形で残っていませんが

欠片などは、たくさん発見されているそうです。


屋久島では90ほどの遺跡が確認されており、ほとんどが沿岸。

安房城は土のお城。

近代のお城(姫路城のような)は、江戸時代、一国一城制度で、随分壊されましたが、

土のお城跡は、全国に2万ほど残っているそうです。


今回発掘するのは、去年大きく調査した時、遺物がたくさんでが場所を中心に発掘。

掘る深さは30-40cm 。 7200年まえに屋久島を襲った鬼界カルデラの大噴火の地層アカホヤがあるところより上です。

1013安房城発掘8194.jpg


昨日、見学させてもらいましたが、

と〜〜っても良い場所。

高台で、安房川も綺麗に見え、

こんなところに住んだら最高だろうな。ってところでした。

だからお城を作ったんですね😄


この場所は、地主さんが開発する予定があり、

その前に記録を残すための発掘です。


考古学とは、人類とは何かを物から考察する学問。という話が印象に残りました。



今回はどんなものが発見されるでしょうね。


発掘は2ヶ月ほど続きます。




posted by パイン at 10:56| 鹿児島 ☀| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする