2020年10月30日

船行のアコウ

10船行アコウ8727.jpg


10船行アコウ8722.jpg


10船行アコウ8723.jpg


10船行アコウ8724.jpg


10船行アコウ8726.jpg


久しぶりに船行集落の中を通ったので、

アコウ のところで車を止めて、じっくり感じました。

いつ見ても、迫力あります。

集落の家々の中に、どっしり生えているアコウ 。

一本だけじゃなく数本生えています。

上から伸びている気根にも触れることができ、

身近に感じるアコウ の木。

森の中のマザーツリ−のような、集落のマザーツリーですね。



大地の再生、矢野さんも訪れていたようです。
【屋久島】伝統のアコウ、湿地の家、草刈りと水脈 より

道を挟んで祭壇があり、地区の人が亡くなったとき、棺をここに置いて村人全員がお別れをする。船行集落独特の風習で「オゴソ」と呼ばれるそうだ。

葉が落ちているのは明らかに根が弱っている証拠。やがて幹が空洞化する。矢野さんはまずは草刈りで風通しを確保するよう提案した。地上部が先で、点穴などの地面をいじるのは後だ。




posted by パイン at 12:01| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする