2021年03月31日

今年、初物。孟宗竹

0331タケノコ孟宗竹2066.jpg


初物!孟宗竹。

今年は、例年より少し早め。

ぽんたん館にて300円で購入。

朝採りで新鮮!


帰宅してすぐに米ヌカと一緒に茹でてアク抜き。

タケノコご飯と、味噌汁や炒め物でいただきました。

一口食べると、体を突き抜ける美味しさ!!!

と〜〜っても美味しかったです。

0331タケノコ孟宗竹_0713.jpg


ごちそうさまでした😊


posted by パイン at 11:51| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月30日

満月の周りに虹の輪

0329満月虹月暈_0708.jpg


昨晩の満月。

屋久島では、とても綺麗に見えました。

夜も更けてくると、

まんまるいお月様の周りに、まぁるいおっきな虹がぐるりと出ました。

月暈(げつうん、つきがさ)。

月に薄い雲がかかり、周りに光の輪が現れる現象。

国によっては、幸運の兆しだったり、不吉な兆しだったりします。

月暈現象は変わらないのに、後からの意味付けが違っているんですね。



なんにせよ、幻想的でとても美しく、しばらく空を眺めていました。

0329満月3294.jpg


満月の夜の空のアート。


posted by パイン at 09:32| 鹿児島 🌁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月29日

サカキカズラの花にアサギマダラ

03サカキカズラとアサギマダラ3266.jpg


03サカキカズラとアサギマダラ3270.jpg


03サカキカズラとアサギマダラ3269.jpg


見慣れない花が咲いていました。

調べたら、【サカキカズラ】

と〜っても良い香りです。

アサギマダラが蜜を吸っていました。

ツルを伸ばして、木の高くまで昇っていました。

葉がサカキに似ているの【サカキカズラ】という名前のようです。

03サカキカズラ3272.jpg


03サカキカズラ3277.jpg


花びらが旋回して咲いています。

種子も興味深い形をしているので、

見てみたいですね。6月ごろのようです。

2対の房の中に、3センチほどの長い冠毛をもった種がびっしり詰まっているそう。


【サカキカズラ(榊葛)】
学名:Anodendron affine (Hook. et Arn.) Drucei
キョウチクトウ科 サカキカズラ属
別名:マサキカズラ
中国名:鳝藤 shan teng
posted by パイン at 12:45| 鹿児島 🌁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月28日

石楠花の森公園 満開のシャクナゲ

0327シャクナゲの森公園_0699.jpg


0327シャクナゲの森公園_0696.jpg


0327シャクナゲの森公園02037.jpg


0327シャクナゲの森公園_0692.jpg


0327シャクナゲの森公園2029.jpg


0327シャクナゲの森公園2025.jpg


0327シャクナゲの森公園2046.jpg


0327シャクナゲの森公園3279.jpg


栗生の石楠花の森公園の石楠花が満開。

もう終わりかけでしたが、とっても綺麗でした!!

花に包まれて、幸せでいっぱいになります。

普段、頭の中を流れている考え事が、一気に吹っ飛ぶ美しさ。


小楊子川(美しいブルーの水)の沿岸に400メートルほどの遊歩道があり、

のんびり歩いて楽しめます。


屋久島の代表的な照葉樹の森に、様々なシャクナゲが約3500本植栽されています。

花が終わったら花がら摘み(めしべ)をして、毎年手入れしてくださっているそう。

そのおかげで、毎年、美しい花を咲かせてくれているのですね。

ありがとうございます。

0327ギョボク02053.jpg



園内に生えている、主な木や植物にも名前と説明がついており、

とても勉強になります。

本ではなく、実物で木肌や葉っぱを感じられるので、嬉しいです。

0327クスノキ新芽3281.jpg


照葉樹の新芽たちも美しかったです。

0327シャクナゲの森公園看板02065.jpg



【石楠花の森公園】
鹿児島県熊毛郡屋久島町栗生

問い合わせ先
鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦1593 屋久島町役場宮之浦支所 商工観光課
電話番号 0997(47)2111 ファックス番号 0997(47)2117
URL http://www.yakushima-town.jp/



posted by パイン at 09:08| 鹿児島 ☔| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月27日

屋久島地杉舎さん個展・地杉ランデブー

地杉ランデブーチラシ.jpeg


0327地杉ランデブー01990.jpg


0327地杉ランデブー1995.jpg


0327地杉ランデブー01996.jpg


楠川の【やわら香】さんにて開催中の

屋久島地杉舎さん個展・地杉ランデブーに伺ってきました。

地杉が大好きな作家さんが、

ウッドバーニングペンで絵を描かれています。

木目のデザインを感じ、木と融合しながら作られている作品は、

自然のエネルギー、イメージが広がり、とても素敵でした。

見れば見るほど、色々、自分の内側に広がってゆきます。

手先だけで作られた作品ではなく、

愛とか、尊敬とか、なんというか、そいゆう大切なものを作品から感じました。

0327地杉ランデブー02001.jpg


0327地杉ランデブー1988.jpg


0327地杉ランデブー1986.jpg



作品が触れる展示。

視覚だけでなく、嗅覚、触覚など、感覚で楽しめます。

ぜひ、たくさんの方に見て感じていただきたいですね。

0327地杉ランデブー02000.jpg


作家さん。

0327地杉ランデブー1999.jpg



◆開催期間
3月20日(土)〜3月29日(月)
12時〜17時
※24、25日はお休み
※入場無料

◆作家在廊日
27日、29日
@yakushima_jisugi_sha

◆場所
小さなレンタルスペース
「香箱(こばこ)」
※島の香りラボやわら香店内
屋久島町楠川1471−5

やわら香さんFbページ

ヤクザル・ヤクシカカードは、
表面は元の作品を印刷、
裏面は、杉材にアクリル画材を塗って押印し、
さらに手描きを加えた
1枚1枚違うものとなっています。
(1枚500円)

0327地杉ランデブー1983.jpg



地杉ブロック(原画)の作品も販売しており(〜5000円)、
手にとって質感を味わったりすることもOKとのこと。

29日(月)が最終日、そして作家さんも在廊予定です。

ライブペインティングも進行中。

posted by パイン at 19:38| 鹿児島 火山灰| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月26日

安房川の新緑

0326安房川新緑3157.jpg


0326安房川新緑3155.jpg


0326安房川新緑3154.jpg


いつも美しい安房川。

この季節は、格別に美しく感じます。

新緑の輝き。

0326安房川新緑水3156.jpg


水も綺麗。

0326安房川新緑1969.jpg


松嶺大橋からの新緑も美しいです。

0326安房川新緑1970.jpg


0326安房川新緑1971.jpg


深呼吸したくなりますね。

美しい水と、空気と緑。

圧倒的な美しさです。


posted by パイン at 16:43| 鹿児島 ☀| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月25日

タツナミソウ(立浪草)

03タツナミソウとアン_0620 2.jpg


庭のタツナミソウ(立浪草)が可愛く咲いています。

我が家のニャンコも、タツナミソウの側に座って、日向ぼっこ😸

03タツナミソウ8336.jpg


立浪草、と言う和名は、泡立って寄せてくる波を思わせるのでついたそうです。

美しい名前ですね。

花の波。

03タツナミソウ8350.jpg


接写してみる花の模様も美しいです。

別名・ビロードタツナミ

花や葉に短い毛がたくさん生えて、ビロード質になっています。

盆栽やグランドカバーにもおすすめの植物だそうです。

03タツナミソウ8351.jpg


【タツナミソウ(立浪草)】
学名:Scutellaria indica
別名:鄙の杓子(ヒナノシャクシ)、小葉の立浪(コバノタツナミ)、ビロードタツナミ
シソ科タツナミソウ属の多年草


posted by パイン at 18:44| 鹿児島 火山灰| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月24日

いろんなツワブキの葉っぱ。

ツワブキも新芽の季節。

この季節は、あっちもこっちも新芽!

一気に噴き出す生命力。


ツワブキの葉っぱにも色々個性があるんですね。

ちょっと散歩しただけでも、バリエーション豊かでした。

03ツワブキ丸01925.jpg


↑丸い縁の葉っぱ

03ツワブキギザギザ1930.jpg


↑ギザギザ葉っぱ

03ツワブキ新芽1918.jpg


↑新芽は、毛に覆われています。

03ツワブキフュージョン1923.jpg


↑融合している葉っぱ。

03ツワブキ双子1956.jpg


03ツワブキ01959.jpg


↑双子葉っぱ。

03ツワブキ双子1964.jpg


↑中の茎もくっついていました。

重曹であく抜きした後、

豚肉、じゃがいもと一緒に煮ていただきました。

美味しかった〜。定番の春の味。

ごちそうさま。


posted by パイン at 10:59| 鹿児島 火山灰| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月23日

糞生菌

03糞生菌1764.jpg


時々見かける、タヌキ?の糞が固まってる場所。

タヌキは同じ場所に何度も糞をするそうです。

その糞の中から、何とも綺麗なキノコが生えていました。

真っ白。

動物の排泄物の糞に発生する菌類、糞生菌。

動物の糞によって異なっていて、いろんな菌が発生し、

分解に役立っているとのこと。

糞には糞のキノコが生えて、

自然界の循環はよくできていますね。

03糞生菌1763.jpg
posted by パイン at 20:44| 鹿児島 | Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月22日

食べられるギシギシの新芽。ネバネバ。

03ギシギシ1863.jpg


03ギシギシ1864.jpg


03ギシギシ1866.jpg


海岸のギシギシも新芽が続々と出て来ています。

まだ開ききっていない、葉っぱクセがほぼなく、天ぷらやおひたしで食べられます。

※蓚酸(しゅうさん)が含まれているので要アクヌキ。


中心から新芽がでてきて、外側にいくにつれだんだん枯れゆく葉っぱ。

中心部付近の新芽が料理に向いています。


切り口から出てくるヌメリから「オカジュンサイ」と呼ばれることも。

新芽を手で摘むと、切り口からヌメヌメした透明の液体が出て来ます。


7月ごろには種をたくさん付ける、ギシギシ。

種は、そば殻のようで、昔の人は、これで枕を作ったそう。

↓種の写真。

ギシギシタネ.jpeg


ギシギシタネ02.jpeg


一度作ってしばらく使っていました😊

でも屋久島の湿気でカビ臭くなってしまい、土に返しました。


posted by パイン at 09:45| 鹿児島 ☀| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする