2009年12月03日

文集作り

こんばんは。rururaるるらです。

今日の夜、小学校で文集作りの委員会がありました。
文化部委員の私は子供たちと夕食後7時半からの集まりに行ってきました。

せんだん.jpg

永田小学校では、「せんだん」という親子文集を毎年作っています。
もう、35年ほども続いている伝統のある文集で、親と子の作品を1作品ずつ載せます。
読書感想文か創作文学作品(詩など)ということで、それぞれが書いてもよし、
子の感想や詩に、親がコメントを書いてもよしです。

夏休みに原稿が配られ、夏休み明けに提出してもらいます。
今日は、提出された物の誤字や脱字チェック、汚れを消す作業などをしました。
もっとも、低学年の子は、小さな”っ”が抜けたり、意味が分からない文もあったりしますが、
それは、逆に思い出になりますし、この時代だから出せる”味”かな?ということで
”そのまま”としたものが多かったです。

子供の作品は微笑ましく、それに寄せる親のコメントには、
ジ〜ン、ジワ〜ンと来てしまいました。

原稿をそのまま印刷して、製本も委員の手作業で仕上げます。
小さな学校だから出来ることで、
こんな文集が いつまでも作り続けられたらいいなあ、と思いました。
 
posted by パイン at 22:59| 鹿児島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | rururaるるら の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック