2017年10月13日

屋久島の下水・浄化槽点検

1013浄化槽03.jpg


今日は、公益財団法人・鹿児島県環境保全協会さんが、浄化槽の点検に来られました。

3年に一回、県から検査に来られます。

これとは別に年に4回ほど、屋久島エコアシステムさんが点検に来てくださるのですが、

今回の点検は、水を持ち帰り、細かく検査するそうです。



この機械に、前から疑問だった、屋久島の下水処理状況を尋ねて見たら、

詳しく教えてくださいました。

・下水処理システムは、各家庭で浄化槽をつけている。
→浄化した水を、川や海に流している。

・屋久島で浄化槽をつけている件数は、約4000件。

・古いお家、汲み取り便所のお家などは、浄化槽がないところが多い。
→家庭排水は全て直接、川や海へ。

・義務ではないが、子供たちの世代まで美しい環境を残そうと思ったら、浄化槽はつけるのが理想。

・屋久島町から補助金が出ている(下記参照)


なるほど。今まで、もやっとしていたことが解決しました。

綺麗な自然、残したいですね。

1013浄化槽01.jpg


1013浄化槽02.jpg


屋久島町 ライフラインのページより

1013浄化槽補助金.jpg


補助金の額

専用住宅5人槽 514,000円
専用住宅6人槽から7人槽まで 591,000円
専用住宅8人槽から10人槽まで 746,000円
専用住宅11人槽以上 100,000円
専用住宅以外の建築物 100,000円
お問い合わせ先

屋久島町役場環境政策課 0997-43-5900




posted by パイン at 10:09| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。