2018年06月05日

花が開かないナワシロイチゴ

0525ナワシロイチゴ02.jpg


0530ナワシロイチゴ03.jpg


0530ナワシロイチゴ.jpg


0530ナワシロイチゴ02.jpg


ナワシロイチゴ。バラ科キイチゴ属。

日本全国で見られるキイチゴ。

屋久島でもよく見られます。

「そういえば、どんな花だったかな?」

と思って調べて見たら、

なんと、花は円錐状について、開かないのが特徴とのこと。

円錐状に閉じた先から雄しべと雌しべの先だけを出しているそう。

「花は咲くもの、開くもの」と思っていましたが、

咲かない花もあるなんて!!

きっと、咲かないほうが子孫繁栄に有利なんでしょうね。

花弁の裏側で昆虫を誘引して、受粉。たくさん果実がついています。

食用でき、薬用酒に向いているとのこと。

また、花の時期に開いていたガクは受粉すると、閉じて果実を守り、

果実が成長すると、また開くそうです。(国立研究開発法人 森林総合研究所 ナワシロイチゴより)

面白い植物の世界です。





posted by パイン at 12:38| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。