2018年06月23日

ハマユウ

0616ハマユウ.jpg


0616ハマユウ03.jpg


0616ハマユウ04.jpg


0616ハマユウ.jpg


ハマユウの群生している海岸に、ハマユウを見に行きました。

ハマユウ=浜木綿 

花が、神事のときに使われる木綿(ゆう)のように白く垂れることから。

別名:浜万年青(ハマオモト)

ヒガンバナ科 ハマオモト属

日本の平均気温15℃の地域を結んだラインをハマオモト線と呼び、

このラインより南の地域に自生。

ハマユウの種は軽く水に浮きます。

海を渡って海岸線で子孫を増やしているのかな。

まだ、満開にはちょっと早かったかな。

↓こちらは3年前の7月3日の写真。

0703ハマユウ05.JPG




0616ハマユウとアオスジアゲハ.jpg


0616ハマユウ02.jpg


雄しべの紫色が美しいです。

万葉集:み熊野の浦の浜木綿百重なす 柿本朝臣人麿


posted by パイン at 16:53| 鹿児島 ☔| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。