2018年07月30日

迷走台風12号◎自然の中で遊ぶときの注意点







さて、屋久島にはやってこないと思っていた台風12号が近づいてきています。

いつもとは逆からやってきているので、どんな影響があるかしら?

風はそんなに強くないですが、海の便、空の便も欠航が相次いでいます。

13:30現在は、小雨で落ち着いていますが、大雨が降る可能性があり、川の増水などに注意が必要ですね。

20140313安房川00.jpg




150809_安房川上流とンゴの滝上.jpg


安房川上流、トンゴの滝の上の写真。


昨日は、安房川で28日沢登りをしていた女性が、急流に流され死亡という、痛ましいニュースがありました。

ご冥福をお祈りします。

2009/08/14には麦生の鯛ノ川で遊んでいた友人が、川に流され滝壺で遺体で発見されました。

地元が近く、仲良くしていた友人だったので、とってもショックな出来事でした。

屋久島に来て、屋久島暮らしの先輩たちに教えてもらったのは、

・川は浅瀬でも、岩の間などの急流に足を取られると抜け出せなくなるから、そうゆうところには近付かない。

・一人で行動しない

・夏でも長袖、長いスパッツなど。(日差しよけと、水中の危険物から守るため。)

・ライフジャケットは必須。

・溺れそうになったら、まず落ち着くこと。

山の場合は

・もし、道に迷ったら、谷に行かずに上を目指すこと。(そのほうが道を見つけやすい。谷は崖になっているから危険)

ということです。


参考HP ぜひご一読を!

・川を安全に楽しむために(ダイジェスト版 20021030up)川はともだちHPより
http://river-ship.cliff.jp/kawatomo/anzen/dr-notice.html

・【浮いて待て】海や川で溺れそうになったときの対処法 防災知識.comより
http://bousai-chishiki.com/typhoon/uite-mate/



私も、自然の厳しさは、屋久島に来てから肌で感じていますが、まだまだ甘いところもあると思います。

でも、移住したての友人が、軽装で「大丈夫!大丈夫!」と自然の中で遊ぼうとしていると、

ついつい口煩くなってしまいます。

自然は、美しくもあり、厳しくもあり、、、。

みなさん、気をつけて安全に楽しみましょう。



屋久島町のHPに掲載されている遭難事故。

最近の遭難事故】(平成27年度で更新が止まっていますが)結構、起きています。

過去記事 2015年08月11日
安房川上流・自然の中に身を置くときの感覚


→友人の川での体験談。【自然の中に身を置くときの感覚「四つ足動物の感覚」】






posted by パイン at 13:42| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。