2018年08月29日

寄生植物・ナンバンギセルが咲き始めました。

0828ナンバンギセル00.jpg


0828ナンバンギセル03.jpg


0828ナンバンギセル.jpg


0828ナンバンギセル04.jpg


0828ナンバンギセル07.jpg



0828ナンバンギセル06.jpg



ススキなどの根元に群生して咲く、ナンバンギセル(南蛮煙管)。

ハマウツボ科ナンバンギセル属の寄生植物。

今年も咲き始めました。

自分で光合成せず、ススキやミョウガに寄生して栄養を取り込んでいます。



0828ナンバンギセル02.jpg


立ち上がって、群生して咲いている様子は、

何か、コショコショ話しているかのようです^^


万葉集などにも「尾花」(ススキ)と一緒に「思い草」の名で登場。

道の辺の尾花が下の思ひ草今さらさらに何をか思はむ  作者未詳


野辺見れば尾花がもとの思ひ草かれゆく程になりぞしにける  『新古今集』 和泉式部






posted by パイン at 21:38| 鹿児島 ☔| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。