2018年09月13日

萩の花

0907萩の花.jpg


0907萩の花04.jpg


0907萩の花02.jpg


0907萩の花03.jpg


萩の花が道沿いに咲いています。

万葉集で一番多く詠まれた植物で、「芽子」の字を宛てた例が多いそうです。

古い枝には花を咲かせず、春に伸びた新しい枝にだけ花が咲きます。

秋の七草の一つ。

  秋の野に 咲きたる花を 指折り(およびをり)
  かき数ふれば
  七種(ななくさ)の花

  萩の花 尾花葛花 撫子の花
  女郎花 また藤袴
  朝貌(あさがお)の花

   万葉集 山上憶良



萩=ヤマハギ、

尾花=ススキ

葛=クズ

なでしこ=カワラナデシコ

女郎花=オミナエシ

藤=フジバカマ

朝顔=キキョウ

1000年以上前にも、同じように咲いていたんですね。








posted by パイン at 09:00| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。