2018年09月15日

モフモフのヤマビワの新芽

0907ヤマビワの新芽.jpg


0907ヤマビワの新芽01.jpg


0907ヤマビワの新芽02.jpg


0907ヤマビワの新芽032.jpg


もふもふの毛に覆われた、山びわの新芽。

生まれたばかりで毛に守られています。

花期は6月。スミナガシとアオバセセリ蝶の食草。

伊勢神宮では、儀式で火をおこすときに、

杉の板にヤマビワの棒を回転させるそうです。



材は硬いので、 道具の柄、傘の柄、天秤棒などに使われたとのこと。

ヤマビワはアワブキ科。 別名 :スノキ、スゴ、スゴノキ、オンジビワ

葉っぱの形がビワに似ているからヤマビワ。

ビワはバラ科、イヌビワはクワ科です。

ややこしいですね(笑)

posted by パイン at 09:00| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。