2018年09月16日

森の中のニョロニョロ。ホウキタケ。

0907ホウキタケ00.jpg


0907ホウキタケ01.jpg


0907ホウキタケ03.jpg


0907ホウキタケ02.jpg


木の根元に真っ白いニョロニョロ。

ホウキタケだと思います。シロヒメホウキタケ(白姫箒茸)?

サンゴのようでもあります。

名前の由来は、そのまんま。ホウキに似ているから。

枝分かれしている様子が、よく観察できます。

腐植土あるいは腐木上に発生。

寿命を終えた木たちを分解してくれるキノコたち。

いろんな色と形。

生きていくのに最適な形が、それぞれ違って、興味は尽きません!!









posted by パイン at 09:00| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。