2018年10月03日

マコモダケ(真菰筍・マコモタケ)

0927マコモダケ.jpg


0927マコモダケ02.jpg


0927マコモダケ03.jpg



マコモダケ。

近所の無人市で購入。

一緒にグアバジュースとグアバも。

マコモダケはトウモロコシやサトウキビと同じイネ科の多年草。

アクがなく、柔らかいタケノコのような食感。

ほのかな甘み。

生で何もつけずに食べても、美味しいです。

今回は、生と、味噌汁と、炊き込みご飯にしました。

タケノコが好きな方なら、好きだと思います^^

キノコではなく、イネ科に属する野菜。

マコモに黒穂菌(くろぼきん)が寄生することで若茎が肥大してきて、食べられマコモダケになる。

黒穂菌は農業では害菌とされトウモロコシや麦などに大被害をもたらしますが、

マコモダケにとっては欠かせない存在だそうです。(マコモダケってキノコですか?より きのこの時間)

旬の食材百科 マコモダケ
http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/makomodake2.htm


そういえば、友人はマコモ風呂に入っているって言っていました。

マコモダケと関係あるのかな?と思い調べてみたら、

「真菰(マコモ)を人の手で進化させ、発酵させたもの」が

マコモ風呂の原料になるようです。


posted by パイン at 15:44| 鹿児島 ☀| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。