2018年10月12日

庭じゅうに満ちる金木犀の香り

1012キンモクセイ02.jpg


1012キンモクセイ.jpg


今、庭で金木犀が満開です。

家に遊びに来る友人が、車を降りると、

一様に鼻をクンクンさせて『いい香りがする〜』と言います^^

庭いっぱいに満ちる、幸せの香り。

1センチにも満たない小さな花が集合して、

大きな空間を甘い香りで満たしてくれています。

その香りの強さから、開花時を隠すことやごまかすことができず周囲の人が知る。

嘘のつけない香りのため、「真実」という花言葉まであります。

花言葉:謙虚・謙遜 / 気高い人 / 真実 / 陶酔 / 初恋

桂花陳酒(ケイカチンシュ)は、白ワインにキンモクセイの花を3年間漬け込んだ中国のお酒。

どのくらい昔の人が、同じ香りを嗅いでいたのか、調べてみましたが、わかりませんでした。(江戸時代という説が多い)

(参考:金木犀香る季節〜いつどこから来たのか謎の花〜

雌雄異株ですが、日本には雄の木しかないので、実がならないそうです。

ちなみに、去年は11月01日ごろ、満開でした。


科・属名: モクセイ科モクセイ属
学名: Osmanthus fragrans var. aurantiacus
和名: 金木犀(キンモクセイ)
別名: 木犀花(モクセイカ)、丹桂(タンケイ)、桂花(ケイカ)、丹桂(タンカ)、金桂(キンカ)
英名: Fragrant olive, Fragrant orange-colored olive
原産地: 中国

posted by パイン at 18:55| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。