2018年10月28日

キジバトのオスとメス?

1024キジバト2羽02.jpg


1024キジバト2羽.jpg


1024キジバト2羽03.jpg


キジバトのつがいが仲良く歩いていました。

キジバトのオスとメスの見分け方は、、、

・雄はデッデ、ポッポーと低い声で繰り返し鳴く。

・オスのほうが目の周りの赤がより太く、赤い傾向にある(春から秋の繁殖期に顕著)。

・オスはメスよりひとまわり大きく、首が太短いのに対して、メスはスッキリと細長い首

だそうなので、、、

きっと左がオスで、右がメスですね。

目の周りの変化は写真ではわかりませんでした。

調べてみると、オスもピジョンミルクを分泌し、雛に与えるそうです!


【キジバト】

学名:Streptopelia orientalis
英名:Eastern turtle dove. Oriental turtle dove. Streptopelia orientalis.

ハト科 全長33cm 
ユーラシア大陸東部の低地から山地に分布

冬場を除くほぼ通年、一夫一婦制(繁殖に失敗してしまうと、つがいを解消することもある)

オスが木の枝を運び、メスが巣作りする。産卵数は2個。オスが昼、
メスが夜に抱卵し、約15日で孵化する。オスメスともにピジョンミルクを分泌し、
ヒナに与える。孵化から約15日で巣立つ。

過ごしやすい環境のもとでは、10年から20年生きる。



posted by パイン at 09:02| 鹿児島 火山灰| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。