2018年12月25日

モミボックリ

1224モミ6827.jpg


1224モミ6828.jpg


珍しいモミボックリです。

モミボックリは樹上で鱗片をバラバラにさせて、

風にタネを運んでもらうので、ほとんどは樹上でバラバラになっています。

昨日、初めて知った事実!!

写真は、何かの拍子に落ちてしまったモミぼっくり。

森の中を歩くと、面白い発見が盛りだくさんで、

と〜〜〜〜っても楽しいです。


モミ(樅)はマツ科モミ属の常緑針葉樹。日本固有種。

屋久島は自生するモミの南端。

ヨーロッパでモミの木に使われるのは、ヨーロッパモミ。

古い時代に「オミノキ(臣の木)」と呼ばれていて、

そこから「モミ」となったという説がありますが、名前の由来はよくわかっていないようです。


posted by パイン at 09:00| 鹿児島 ☀| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。