2019年03月27日

オキナワチドリの群生

0323オキナワチドリ7272.jpg


0323オキナワチドリ7277.jpg


海岸も、いろんな花が咲いて、賑やかになってきました。

冬鳥たちは少なくなり、花が増えます。

写真はオキナワチドリ

小型の地生ランです。

海岸開発などにより生育域が年々減少している絶滅危惧II類(VU)。

花の形が千鳥の飛翔する姿に似ているから、この名前。


0323海の色4080.jpg


海の色も綺麗です。

春の海。

【オキナワチドリ(沖縄千鳥)】
学名:Amitostigma lepidum
ラン科ヒナラン属の草
宮崎・鹿児島・沖縄県の海岸近くの岩場や草原に自生


posted by パイン at 20:37| 鹿児島 ☀| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。