2019年05月28日

ヒロハノヒノキゴケ

08ヒロハノヒノキゴケ7004_72.jpg


08ヒロハノヒノキ3831_72.jpg


さわさわと撫でたくなります。

切り株や、岩の上に群生しています。

遠くからも見ても、近づいて見ても、

その緑の輝き具合に、うっとりします。

苔が緑なのは、緑の色素を必要とせず、

反射しているから緑に見えているのですが、

人間が、綺麗で、落ち着くと感じる色に、

森全体が、反射していると考えると、

本当に不思議な気持ちになります。

よくできている。。。。

どうして、人間は緑を見ると、落ち着くのでしょうか。

不思議なことがいっぱいです。


【ヒロハノヒノキゴケ(檜蘚)】
学名: Pyrrhobryum spiniforme
ヒノキゴケ科 ヒノキゴケ属
雌雄異株


posted by パイン at 09:00| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。