2019年05月30日

クモノスゴケモドキ(蜘蛛の巣苔擬)

11蜘蛛の巣ゴケもどき7097_72.jpg


クモノスゴケという、モドキがつかない苔も存在します。

クモノスゴケモドキは先端が細くならないのに対して、

クモノスゴケは先端が細くなることがあるとのこと。

葉状体は平べったくて、匍匐して増えます。

特徴的なので、これは覚えやすいかも。。。。

種類が多く、似た苔も多いので、なかなか覚えられませんが、

少しずつ、少しずつ、繰り返し確認して覚えてゆきます!!

名前を知っていると、それを調べる引っ掛かりができるので、

とても大切。

苔自身は、名前はどうでも良いでしょうけど。。。


【クモノスゴケモドキ(蜘蛛の巣苔擬)】
学名:Pallavicinia ambigua (Mitt.) Steph.
クモノスゴケ科 クモノスゴケ属
雌雄異株
posted by パイン at 09:00| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。