2019年06月03日

岩の中に輝く雲母

03雲母7327.jpg


03雲母7329雲母.jpg


03雲母7326.jpg


03雲母7323.jpg


真珠のような光沢を持っている雲母。

日本画の胡粉で雲母がありますね。

どうやって採取しているんだろう。

とても綺麗な輝きです。

アワビ系の貝殻の内側のレインボーパールの輝きに似た感じ。

砂浜を裸足で歩いたら、足にたくさんくっついてきます。

薄くて、肌にへばりつく感じ。

自然の素材で絵を描くのに、とても興味があるので、

屋久島の雲母も自分で採取して、いつか、使ってみたいです。

とても手間がかかりそうですけど、、、。

屋久島の素材だけで作った、顔料で、絵を描きたいです。


↓こちらは大きな岩の中の雲母

03雲母7384.jpg


【雲母】
英語:mica(マイカ)
ラテン語:micare(輝くの意)


posted by パイン at 09:00| 鹿児島 ☁| Comment(0) | mumu の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。